このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

10<<  2017.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


2010'クラッシック牝馬編
さて牝馬は、今日のフラワーCでほぼ出揃いましたね。
でわこれまでの経過です。
2010牝馬クラッシク

◆優先出走権◆

【チューリップ賞】
ショウリュウムーン 佐藤哲三ヾ( ̄0 ̄;)オイオイ
アパパネ       蛯名正義
エイシンリターンズ ????
【フィリーズレビュー】
サウンドバリアー  渡辺薫彦
ラナンキュラス    四位洋文
レディアルバローザ 和田竜二
【アネモネS】
ギンザボナンザ   北村宏司
アニメイトバイオ   内田博幸

【獲得賞金】
アプリコットフィズ  武豊ヾ( ̄0 ̄;)オイオイ2
コスモネモシン   石橋脩
オウケンサクラ   後藤浩輝
シンメイフジ     岩田康誠
プリンセスメモリー 勝浦正樹
タガノエリザベート 川田将雅
ステラリード    ????
ジュエルオブナイル ????
ワイルドラズベリー ????
以下1200万3頭中1頭
モトヒメ
パリスドール
カレンナホホエミ
以下900万
※多数


■やっぱ人気は、アパパネ・アプリコットフィズ・ラナンキュラス辺りが上位になりそうですが
まさか武豊とはねぇ・・・。
蛯名は、意地でも負けられないねぇ(。。;)
フラワーCを勝って賞金加算できたオウケンサクラは、先行すれば弾けそうだけど
どっちかってゆーと2着コスモネモシンに期待しちゃうかなぁ(人気薄そうだし)
今回は、賞金足りてる所に叩き台にしての2着+サンテミリオン潰し(笑)
シンメイフジは、先行力試した感じだったけどイマイチでしたね。。
あと今穴で期待してるのは、プリンセスメモリーですね(^^)
アパパネ・コスモネモシン・オウケンサクラ・プリンセスメモリー全部関東ジョッキーだな・・・。


スポンサーサイト

2010クラッシック牡馬編Ⅱ
今回は、これまでの皐月賞へ向けての経過と傾向です。
図表1と2を参考にして下さい。

【図表1】
2010クラッシック牡馬..

図1は、これまでの臨戦過程を表したものです。
2歳チャンピオンにいたるまでと年明けから皐月賞への道のりです。
皐月賞までは、トライアルがあと2戦と賞金加算のための重賞1つ。
トライアルの1つスプリングSには、2歳チャンピオンのローズキングダムが出てきます。
牝馬の2歳チャンピオンとその上位組は、ことごとく2着に敗れてますが。
牡馬は、朝日FS4着ガルボがシンザン記念を制し同レース2着馬のエイシンアポロンは、
弥生賞で2着とはいえ勝った馬がラジオNIKKEI杯の覇者ヴィクトワールピサなら力は、出したほうだろう。
ダイワバーバリアンは、いろんなとこ出てますが掲示板にくるもののいまいちな成績ですね。
スプリングSには、ローズキングダムの他に共同通信杯を1番人気で3着に敗れたアリゼオに
同レースで4着の札幌2歳チャンピオンのサンディエゴシチー
2戦2勝のサンライズプリンス・セントポーリア賞を好タイムで勝利したバシレウス
ダートからの挑戦のソリタリーキングにバーディバーディなどなどです。
若葉Sには、若駒Sの覇者ヒルノダムール・2戦2勝ペルーサなどが出走してきます。


でわ次に図2をご覧ください。

>【図表2】
2010クラッシック基準馬
この図は、ある馬を基準に表した図です。
基準となる馬は、エイシンアポロンです。
同馬は、朝日FSとラジオNIKKEI杯のチャンピオンを相手にして両方とも2着しており
なおかつデイリー杯では、リディルに2着・野路菊Sでは、リルダヴァル・2着コスモファントムの
5着と様々なとこで走っているということである。
よって青い枠の馬と黒い枠の馬は、エイシンアポロン以上で黄色い枠のダイワバーバリアンは、
エイシンアポロン以下となりそれよりさらに下になるのがグレーの馬というこになる。
ハンソデバンドとグレーだがネオヴァンドームは、闘ってないので未知な部分があるが
その2頭に敗れた馬は、エイシンアポロンと同等かそれ以下だろう。
まぁ全てが出揃ってないのでまだ何とも言えないが現時点での力差は、こんな感じだろう。


2010クラッシック牝馬編
牡馬で紹介した地下鉄路線表の様な図表は、大きくなりすぎて掲載できなくなってしまい(^^;)
今回牝馬は、以下のような図表にまとめてみました。

2010牝馬クラッシク

上記図表は、桜花賞にむけての主な重賞・トライアルです。
当然2歳チャンピオン戦の阪神JFからとなりますが6つの重要な路線を掲載してみました。
まず阪神JF上位馬のステップとなった3戦ですが2歳チャンピオンのアパパネがチューリップ賞で2着
次にアネモネSでJF2着のアニメイトバイオも2着。そしてJF4着ラナンキュラスもフィリーズレビューで2着
これら3頭全て1番人気で2着に敗れた。(唯一JF3着のベストクルーズのみチューリップ賞で大敗)
但しこれらに勝利した馬が全力全開で出走権を獲りにきたのに比べると本番前の叩き台で7・8割の出来で
出てきた2着馬達のほうが本番では、やはり人気も実力も上なのだろう。
よってこれらに対抗できる馬は、勝った馬より別路線の馬だろう。
アプリコットフィズは、アネモネSでアニメイトバイオを敗ったギンザボナンザに圧勝していて
コスモネモシンは、そのアプリコットフィズをフェアリーSで敗っている。
この2頭は、本番で全力全開のJF組を脅かす馬になりそう。
特にコスモネモシンは、フラワーCに登録しておりJF5着馬シンメイフジやチューリップ賞4着馬の
オウケンサクラと対戦するのでそこに勝つようならさらに面白い存在になりそうだ。
またそのフラワーCには、2戦2勝のサンテミリオンも出てくるので注目の1頭だ。




☆2010クラッシク牡馬編☆
10’3歳牡馬

ちと時間があったのでこんなもん作りました。
とりあえずきさらぎ賞まで終わったんで23頭挙げてみましたが
下2頭は、ダートからもしかしたらの2頭で
リディルとロードヴィオレットは、故障で脱落なので実質19頭ですね。
リルダヴァルは、毎日杯で復帰のようです。
よく見ると新馬でぶつかってる馬が2頭ずついて今年は、意外と面白い。
2歳チャンピオンのローズキングダムとラNIKKEI杯覇者ヴィクトワールピサが緒戦でとか
ホープフルSの勝ち馬アリゼオとと若駒Sの勝ち馬ヒルノダムールや
朝日FSの2・3着馬エイシンアポロンとダイワバーバリアンは、新馬で共に敗れていたり。
共同通信杯を勝ったハンソデバンドは、新馬でミッションモードに敗れているなど今年は、
緒戦からぶつかるってケースが多い。


でわ予定のローテーションですが

【弥生賞】
ヴィクトワールピサ
エイシンアポロン
ダイワアセット(上記表に記載なし)
ミッキードリーム(上記表に記載なし)

【スプリングS】
ローズキングダム
ハンソデバンド
アリゼオ
ソリタリーキング
コスモファントム(デビュー時の松岡騎手での予定)
モズ(上記表に記載なし)
サンライズプリンセス(上記表に記載なし)

【若葉S】
エイシンフラッシュ
ヒルノダムール
ミッションモード
バーディバーディ
セイクリッドセブン(上記表に記載なし)

【毎日杯】
リルダヴァル
サクラエルドール

【皐月賞直行】
ネオヴァンドーム
ガルボ(どうやら後藤騎手の予定らしい)
レーヴドリアン(直行かダービートライアルへ)
シャイン(上記表に記載なし)


その他では

ルーラーシップがルメール騎手で3/7阪神アルメリア賞へ
インペリアルマーチは、アーリントンCへ
ダノンシャンティ・ダノンスパシーバは、未定


こんな感じですが上記表にいない馬も今後出てくる可能性も充分あるでしょうから
出てくればまた+αで紹介したいと思います。


以上!!



Design&Material By MOMO'S FACTORY