このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

10<<  2008.11 >>12
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


☆Japan Cup 予想☆
☆白の予想☆

◎マツリダゴッホ
○ディープスカイ
▲ウオッカ
☆スクリーンヒーロー
△アサクサキングス
△オウケンブルースリ
△メイショウサムソン
△シックスティズアイコン

前日オッズから浮上したのがマツリダゴッホとスクリーンヒーロー。

天皇賞で大激走の2頭より時間をかけて左回りの
調教してきて万全の◎マツリダゴッホ。
実際3歳時に中京で1回青葉賞で2回と昨年の天皇賞秋の3回しか
走ってなく青葉賞では、4着に入っており中京は、1800m
天皇賞は、2000mと明らかに距離不足と決して悪いとは、言い切れない
今回の調教みても出来は、どの馬よりもいいので有馬の前に狙うには、
絶好(^0^)vv
対抗にディープスカイ天皇賞では、ウオッカに負けはしたものの
得意の府中2400またウオッカ騎乗の岩田騎手が落馬負傷で騎乗するなら、
こちらを取ります。オウケンには、神戸新聞杯で勝ってますしオウケンは、
府中初の上脚質追込みと不安要素がやや多いので△までメイショウサムソンも
海外帰りでいきなりの頂上決戦と条件厳しすぎる。(最近の海外から直行して
勝ったのは、ディープインパクト(凱旋門賞⇒JC)とダイワメジャー(ドバイDF⇒安田記念)
の2頭だけ。ディープインパクトは、言わずと知れた空飛ぶ馬だしダイワメジャーにしても
無敵のマイル戦だっただけに今回のサムソンは、ワンパンチ落ちるかなと言う所で
△止まり。ウオッカは、ここで勝っちゃうと年度代表馬決まっちゃうしね(^_^;)
爆弾は、デムーロで人気急上昇のスクリーンヒーロー前走より斤量+4㌔になるが
隠れた実力馬が前走で期待にこたえて勝利してのJC参戦ちょっとだけ期待して
☆つけました。(AR杯くらいだと厳しそうだけどデムーロの手腕にかける。)

それにしてもウオッカ乗る騎手は、よく落ちる・・・。

スポンサーサイト

☆3世代ダービー馬出陣<ジャパンカップG1>☆
《第28回 ジャパンカップG1》東京T2400


【枠順】

1-1オウケンブルースリ:内田博幸
1-2メイショウサムソン:石橋守
2-3トーセンキャプテン:ペリエ
2-4ウオッカ:岩田康誠
3-5ダイワワイルドボア:北村宏司
3-6パープルムーン:スペンサ
4-7ネヴァブション:横山典弘
4-8トーホウアラン:藤田伸二
5-9ディープスカイ:四位洋文
5-10オースミグラスワン:川田将雅
6-11シックスティーズアイコン:ムルタ
6-12マーシュサイド:カステリ
7-13マツリダゴッホ:蛯名正義
7-14ペイパルブル:ムーア
7-15アサクサキングス:ルメール
8-16スクリーンヒーロー:デムーロ
8-17アドマイヤモナーク:安藤勝己
8-18コスモバルク:松岡正海



◆ダービー馬06’メイショウサムソン 07’ウオッカ 08’ディープスカイに加え
07’08’菊花賞馬アサクサキングス、オウケンブルースリそして昨年のGP
有馬記念馬マツリダゴッホと他1頭を加えた7頭の日本G1馬が揃った
今年のジャパンカップ先週は、紅一点ブルーメンブラッドが制しましたが
今回も紅一点ウオッカ、しかもこちらは、おそらく1番人気になるでしょう。
今年の秋の古馬混合G1は、全て牝馬が制しており牡馬の頑張りに期待したい所
ですがさてどうなるでしょう。
【白の調教コメント】

オウケンブルースリ::52.4-38.9-25.9-13.3(坂一杯) 【評価B】
メイショウサムソン::80.1-65.7-51.5-37.7-11.5(DW一杯)【評価S】
トーセンキャプテン::68.2-53.6-39.7-12.5(CW一杯)【評価B】
ウオッカ::55.7-40.0-12.5(坂馬なり)【評価A】
ダイワワイルドボア::79.5-63.1-49.0-36.5-12.0(PT強め)【評価A】
パープルムーン::中間軽め【評価?】
ネヴァブション::トーホウアラン::55.6-40.6-12.2(坂G前仕掛け)【評価B】
ディープスカイ::52.9-38.5-25.4-13.1(坂馬なり)【評価A】
オースミグラスワン::54.3-39.7-12.8(坂一杯)【評価C】
シックスティズアイコン::60.8-44.7-15.3(芝馬なり)【評価C】
マーシュサイド::70.0-54.2-38.3-13.1(芝馬なり)【評価C】
マツリダゴッホ::75.3-61.3-48.6-36.2-12.1(PT馬なり)【評価S】
ペイパルブル::67.8-52.4-37.8-12.8(芝馬なり)【評価B】
アサクサキングス::54.4-39.4-12.8(坂一杯)【評価B】
スクリーンヒーロー::70.7-55.5-40.2-12.3(PT馬なり)【評価A】
アドマイヤモナーク::84.7-70.1-55.8-41.9-12.9(DW一杯)【評価B】
コスモバルク::66.8-54.3-40.8-13.4(門別一杯)【評価B】

◆調教筆頭マツリダゴッホ2番手メイショウサムソン。







☆紅一点(マイルチャンピオンシップ結果)
1着:ブルーメンブラット
2着:スーパーホーネット
3着:ファイングレイン
4着:カンパニー
5着:ローレルゲレイロ


◆今年のマイルチャンピオンシップを制したのは、紅一点ブルーメンブラット(吉田豊)
1番人気スーパーホーネットの追撃を抑えての勝利でした。藤岡兄は、残念でした。。
なんとか勝って欲しかったけど慎重になりすぎた騎乗が今回の結果だったのかなぁ・・(私談)
展開は、マイネルレーニアとローレルゲレイロが行く展開でペースは、前半半マイルが
46秒台の平均ペース。好スタートきったスーパーホーネットが後方3番手まで下げ
カンパニーのやや後ろ目につけ勝ったブルーメンブラットは、馬郡の中段を進む、
直線でマイネルレーニアが沈みローレルゲレイロが抜けたところに最内に切り込んだ
ブルーメンブラットと大外を回ったスーパーホーネットだがコースロスのなかった
ブルーメンブラットが余力があった分瞬発力でしのぎきった。
3着には、ファイングレイン。前走は、59キロ背負っての5着2キロ減が効果あったのか
さすが今年のG1ホースだけあって結果を残したといえるだろう。
ファイングレイン以外は、人気どころが掲示板を独占という結果でした。



ブルーメンブラット::【父】アドマイヤベガ【母】マイワイルドフラワー【母父】Topsider
              馬名の由来【花びら】


§来週は、ジャパンカップです。メイショウサムソン・ウオッカ・ディープスカイのダービー3世代
対決がいよいよ実現しそうですがメイショウサムソン騎乗予定の武豊が先週に続き今週も
落馬で今回は、落馬後全て乗り替わりで来週の騎乗が懸念されます。

本日は、以上。。



§久しぶりの競伝ブログ§
◆相変わらずウチの厩舎は、全く勝てなくトホホな状況です。(>。<。)。゜゜゜。。
そんなわたくしも前S(28S)で初心者卒業ヾ(^0^)ノ
(勝てない原因は、そこか・・・地方・中央強すぎる(T_T)

それは、置いといて(-。-)ノノ

久々の書込み理由は、同じ馬会のゆきさんがまたまたOP勝利。
相変わらず良い仔をお持ちでうらやましぃかぎりです。。
ユキイーグル  馬名:ユキイーグル 父:ポコクライスラー 母:ユキエリザベス 母父:キャットホース




☆春と秋の連鎖☆
前回の2008G1の結果から連動しているところを紹介したいと思います。


高松宮記念:4→5→1人気=スプリンターズS:1→2→6人気
*1番人気を絡めた6番人気以内で決まる。<比較的堅め>


桜花賞:12→15→5=オークス:4→13→5人気=秋華賞:11→8→16人気
*基本大荒れ桜花賞=秋華賞は、10番人気以上が2頭入ってる。
オークスにも1頭。<大荒れ>


皐月賞:7→6→1人気=ダービー:1→12→6人気=菊花賞:1→15→9人気
*こちらも1番人気が必ず入るがダービー=菊花賞で10番人気以下が2着に入る。
そして1枠1番が必ず絡んでいた。<荒れていた>


天皇賞春:3→2→1人気=天皇賞秋1→2→3人気
*どちらも1~3番人気決着<ガチガチのド本命決着>


ヴィクトリアM:5→1→4人気=エリザベス女王杯:4→1→2人気
*1番人気と4番人気が絡む決着で5番人気以内がそれに含まれる決着。
<こちらもやや堅め>


このように見ていくと実は、荒れたG1は、3歳クラッシックのみで古馬で荒れた
レースは、まだ記載してないダート戦とグランプリでも春は、あまり荒れていない(GPに関しては、
3着に穴が飛び込んできていたが馬連は、5→1人気決着)

では、古馬マイル戦だが
1番人気のスーパーホーネットが敗れて2番人気ウオッカが制している。
そして2着に海外招待馬アルマダが入り、3着に人気薄の実力馬エイシンドーバーと
入っており。
今回のマイルチャンピオンシップだが1番人気になりそうなのがこれまたスーパーホーネット。
そして海外招待馬ラーイズアトーニーがいてさらにまた弱冠人気薄のエイシンドーバーまで
いるという展開。。
人気には、要注目。
予想は、後日公開予定です。




☆マイルチャンピオンシップ☆【新星マイル王決定戦】
【枠順確定】


1-1 ローレルゲレイロ(牡4、四位洋文・昆貢)
1-2 ファイングレイン(牡5、幸英明・長浜博之)
2-3 スズカフェニックス(牡6、武豊・橋田満)
2-4 マイネルレーニア(牡4、佐藤哲三・西園正都)
3-5 ジョリーダンス(牝7、秋山真一郎・堀宣行)
3-6 ショウナンアルバ(牡3、蛯名正義・二ノ宮敬宇)
4-7 ブルーメンブラット(牝5、吉田豊・石坂正)
4-8 アドマイヤスバル(牡5、川田将雅・中尾秀正)
5-9 マルカシェンク(牡5、福永祐一・河内洋)
5-10 ラーイズアトーニー(セン4、S.キャラハン・I.ブラック)
6-11 リザーブカード(牡5、柴山雄一・栗田博憲)
6-12 キストゥヘヴン(牝5、藤田伸二・戸田博文)
7-13 サイレントプライド(牡5、後藤浩輝・国枝栄)
7-14 コンゴウリキシオー(牡6、C.ルメール・山内研二)
7-15 スマイルジャック(牡3、岩田康誠・小桧山悟)
8-16 カンパニー(牡7、横山典弘・音無秀孝)
8-17 スーパーホーネット(牡5、藤岡佑介・矢作芳人)
8-18 エイシンドーバー(牡6、内田博幸・小崎憲)



スワンSを勝ったマイネルレーニアは、2枠4番同2着のローレルゲレイロは、
1枠1番。毎日王冠でウオッカを破ったスーパーホーネットは、8枠17番。
今年の高松宮記念を制したファイングレインは、1枠2番。
先週落馬で日本中を騒然とさせた武豊のスズカフェニックスは、2枠3番。
繰り上がりであがってきたのは、蛯名騎乗のショウナンアルバは、3枠6番と
なりました。その他有力馬も多数いますがフルゲート18頭で行われます。




【白の人気予想オッズ】

《人気順::オッズ》

1:スーパーホーネット【2.3】
2:ラーイズアトーニー【4.0】
3:スズカフェニックス【6.1】
4:カンパニー【10.2】
5:ローレルゲレイロ【14.5】
6:マルカシェンク【15.2】
7:サイレントプライド【16.1】
8:エイシンドーバー【18.5】
9:ブルーメンブラット【21.7】
10:マイネルレーニア【22.8】
11:キストゥヘヴン【26.3】
12:リザーブカード【33.8】
13:スマイルジャック【46.9】
14:ジョリーダンス【50.1】
15:ファイングレイン【55.9】
16:ショウナンアルバ【73.3】
17:コンゴウリキシオー【80.0】
18:アドマイヤスバル【230.8】

18番人気は、妥当とみてポイントは、海外招待馬ラーイズアトーニー
マイルの成績【4-0-0-1】とマルカシェンクとマイネルレーニアのポジション
と見てます。シェンクの6番人気は、上げすぎかな???


これまでの2008G1
今週は、マイルチャンピオンシップ
その前にこれまでのG1を振り返ってみたいと思います。。

【フェブラリーS】
1着:ヴァーミリアン::武豊(1人気)
2着:ブルーコンコルド::幸(7人気)
3着:ワイルドワンダー::岩田(3人気)

【高松宮記念】
1着:ファイングレイン::幸(4人気)
2着:キンシャサノキセキ::岩田(5人気)
3着:スズカフェニックス::福永(1人気)

【桜花賞】
1着:レジネッタ::小牧太(12人気)
2着:エフティマイア::蛯名(15人気)
3着:ソーマジック::後藤(5人気)

【皐月賞】
1着:キャプテントゥーレ::川田(7人気)
2着:タケミカヅチ::柴田善(6人気)
3着:マイネルチャールズ::松岡(1人気)

【天皇賞春】
1着:アドマイヤジュピタ::岩田(3人気)
2着:メイショウサムソン::武豊(2人気)
3着:アサクサキングス::四位(1人気)

【優駿牝馬《オークス》】
1着:トールポピー::池添(4人気)
2着:エフティマイア::蛯名(13人気)
3着:レジネッタ::小牧太(5人気)

【ヴィクトリアマイル】
1着:エイジアンウインズ::藤田(5人気)
2着:ウオッカ::武豊(1人気)
3着:ブルーメンブラッド::後藤(4人気)

【NHKマイルカップ】
1着:ディープスカイ::四位(1人気)
2着:ブラックシェル::武豊(3人気)
3着:ダノンゴーゴー藤岡佑(14人気)

【安田記念】
1着:ウオッカ::岩田(2人気)
2着:アルマダ::ホワイト(5人気)
3着:エイシンドーバー::福永(9人気)

【東京優駿《日本ダービー》】
1着:ディープスカイ::四位(1人気)
2着:スマイルジャック::小牧(12人気)
3着:ブラックシェル::武豊(6人気)

【宝塚記念】
1着:エイシンデュピティ::内田博(5人気)
2着:メイショウサムソン::武豊(1人気)
3着:インティライミ::佐藤哲(11人気)

【スプリンターズS】
1着:スリープレスナイト::上村(1人気)
2着:キンシャサノキセキ::岩田(2人気)
3着:ビービーガルダン::安藤勝(6人気)

【秋華賞】
1着:ブラックエンブレム::岩田(11人気)
2着:ムードインディゴ::福永(8人気)
3着:プロヴィナージュ::佐藤哲(16人気)

【菊花賞】
1着:オウケンブルースリ::内田博(1人気)
2着:フローテーション藤岡佑(15人気)
3着:ナムラクレセント::和田(9人気)

【天皇賞秋】
1着:ウオッカ::武豊(1人気)
2着:ダイワスカーレット::安藤勝(2人気)
3着:ディープスカイ::四位(3人気)

【エリザベス女王杯】
1着:リトルアマポーラ::ルメール(4人気)
2着:カワカミプリンセス::横山典(1人気)
3着:ベッラレイア::秋山(2人気)


現在16戦あったG1での、人気別成績です。

1番人気【6-3-3-4】
2番人気【1-3-1-11】
3番人気【1-1-2-12】
4~6人気【4-3-5-36】
7~9人気【1-2-2-44】
10人気以下【0-3-4】




◆第33回エリザベス女王杯枠順確定◆

◆第33回エリザベス女王杯◆


<出走登録馬>

1-1レインダンス 56.0 武幸
1-2レッドアゲート 54.0 藤田
2-3ビエンナーレ 56.0 三浦
2-4フェアブリーズ56.0フェルヘンバイン
3-5ポルトフィーノ 54.0武豊
3-6トレラピッド 54.0 ブフ
4-7マイネレーツェル 54.0川田
4-8エフティマイア 54.0蛯名
5-9アルコセニョーラ 56.0 武士沢
5-10ピサノジュバン 54.0 浜中
6-11ムードインディゴ 54.0 福永
6-12アスクデピュティ 56.0 岩田
7-13ベッラレイア 56.0秋山
7-14コスモプラチナ 56.0 石橋脩
7-15カワカミプリンセス 56.0 横山典
8-16リトルアマポーラ 54.0ルメール
8-17トウカイルナ 56.0 四位
8-18レジネッタ 54.0 小牧太

以上フルゲート18頭です。








◆第33回エリザベス女王杯◆
◆第33回エリザベス女王杯◆


<出走登録馬>

アスクデピュティ 56.0
アメジストリング 56.0
アルコセニョーラ 56.0
エフティマイア 54.0
カワカミプリンセス 56.0
コスモプラチナ 56.0
トウカイルナ 56.0
トールポピー 54.0
ビエンナーレ 56.0
ピサノジュバン 54.0
ブルーメンブラット 56.0
ベッラレイア 56.0
ポルトフィーノ 54.0
マイネレーツェル 54.0
ムードインディゴ 54.0
ヤマニンエマイユ 56.0
リトルアマポーラ 54.0
レインダンス 56.0
レジネッタ 54.0
レッドアゲート 54.0

地方馬、外国馬
トレラピッド 54.0
フェアブリーズ 56.0


☆長い15分そして2cm差【天皇賞秋】☆
☆第138回天皇賞秋☆【結果】



まず結果から報告すると。

1着:ウオッカ◆武豊::1.57.2レコード
2着:ダイワスカーレット◆安藤勝己::ハナ
3着:ディープスカイ◆四位洋文::クビ
4着:カンパニー◆横山典弘::ハナ
5着:エアシェイディ◆後藤浩輝::クビ


138回天皇賞秋①   138回天皇賞秋②



ダイワスカーレットが絶好のスタートから先手をとり逃げる展開で予定通りの
2ハロン目11.1だがトーセンキャプテンに少し競りかけられる展開で前半が
59.0を切る流れで直線に入る。
直線に入りトーセンキャプテン・キングストレイル・アサクサキングスなどの先行勢が脱落していく中
ただ1頭粘りこみをはかるダイワスカーレットに襲い掛かるウオッカディープスカイのダービー馬
2頭。もはやかわされて脱落かと思いきや再度伸びウオッカと並んでゴール!!
見た目上ダイワが勝った(角度上そう見える)と思ったところに写真判定の長い長い
15分間の後に出た結果が1着ウオッカ2着ダイワスカーレット
その差わずか2cmダイワを応援してた私には、とてつもなく悔しい結果でしたが
安藤騎手のコメントで休み明けでカリカリしてたと言っていたがそれでこの結果は、
たいしたものだと思う。勝ったウオッカもやはりここ目標にしていただけにさすがと
しかいいようがない。どちらも賞賛に値するすごい牝馬だと思う。
もちろん3歳で3着と健闘したディープスカイも今後楽しみな1頭だと思います。またあの流れで唯一最速の上り33.5で4着にくい込んだカンパニーと掲示板に入ったエアシェディもレベルの高い2頭だったと思います。


081103天皇賞秋① ゴール直前の攻防    081103天皇賞秋② ゴール写真

081103天皇賞秋写真判定① 写真判定

081103天皇賞秋写真判定② ダイワスカーレット

081103天皇賞秋写真判定③ ウオッカ





☆第138回天皇賞秋のまとめ☆
☆第138回天皇賞秋のまとめ☆

◆メイショウサムソン・デルタブルース・サンライズマックスの3頭回避で17頭となり
今回の予想ですがまず第1回であげたのがウオッカ・ハイアーゲーム・ポップロック・
エアシェイディ・ディープスカイ・アサクサキングス・タスカータソルテ・
ダイワスカーレット・ドリームジャーニーの9頭。

そして第2回にあげたのがアサクサキングス・アドマイヤモナーク・エアシェイディ・
オースミグラスワン・カンパニー・サクラメガワンダー・ダイワスカーレット・
タスカータソルテ・ドリームジャーニー・ハイアーゲームの10頭。

両方入ったのがダイワスカーレット・エアシェイディ・ハイアーゲーム・アサクサキングス・
タスカータソルテ・ドリームジャーニーの6頭。

第1回のコメントから印は、

◎ダイワスカーレット
○エアシェイディ
▲ハイアーゲーム
△アサクサキングス
△ドリームジャーニー
△タスカータソルテ

ウオッカの不安要素は、2000mの距離と武豊の重賞不振(現132勝してわずか2勝)
ディープスカイは、3歳上になった2001以降で天皇賞を制したのがシンボリクリスエス
のみでローテーションは、同じだが当時神戸新聞杯は、2000mで距離の結果を残した
こととディープスカイより戦歴が少なかったことである。
ダイワから買うと全くつかないので悲しいかな無理やり切りでもし買うならディープスカイ
今年2000m以下しか勝ってない馬より2000m以上を勝ってる馬をとる!!


Design&Material By MOMO'S FACTORY