このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

11<<  2009.12 >>01
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆◆2009GⅠ総集編(春)◆◆
■2009年度中央競馬も全て終わりました。
今年もいろいろありました。
それをこの総集編で振り返りたいと思います。


【王者撃破!サクセスの始まり!】
《フェブラリーS》■サクセスブロッケン
サクセスブロッケンフェブラリーS
2009最初のGⅠフェブラリーS強豪カネヒキリ・ヴァーミリアン・後のJCD馬エスポワールシチー
を撃破して勝利したのが内田博幸騎手騎乗のサクセスブロッケン。
カジノドライヴ・カネヒキリの猛追をしのぎ見事優勝!!
今年最後のGⅠ東京大賞典も制し最後を締めくくりました。
[白の◎フェラーリピサ5着]


【疾風迅雷】
《高松宮記念》■ローレルゲレイロ
ローレルゲレイロ高松宮
女王スリープレスナイトの追込みをしのぎ他馬に影を踏ませぬ見事な逃げきり勝ちの
ローレルゲレイロ藤田伸二騎手。
ムラッ気のある馬が大一番で見事な勝利。
[白の◎キンシャサノキセキ10着]

【評判通りのスーパー牝馬】
《桜花賞》■ブエナビスタ
ブエナビスタ桜花賞
2歳チャンピオンが堂々の1番人気で出走!
外からの追込み一気で見事1冠奪取の安藤勝己騎手騎乗のブエナビスタ。
その後の走りを期待させる走りでした。
[白の◎ブエナビスタ1着]


【豪脚爆発】
《皐月賞》■アンライバルド

アンライバルド皐月賞
3強対決と言われた2頭が大敗する中、見事なマクリで中山の直線を突きぬけ勝利した
岩田康誠騎手騎乗のアンライバルド
ここまでは、とてつもなく強かったんですけどね~。
[白の◎モエレエキスパート15着]


【東の伏兵盾奪取】
《天皇賞春》■マイネルキッツ
天皇賞春マイネルキッツ
人気馬が総崩れした今年の天皇賞春。
これを制したのは、12番人気松岡正海騎手騎乗のマイネルキッツでした。
後のGP連覇した馬を抑えての優勝だけに価値のある勝利だとは、思いますが
その後の成績と勝利ジョッキーインタビューでのあのチョリッス!!はねぇ・・・。
[白の◎モンテクリスエス12着]


【若き光が府中を駆ける】
《NHKマイルカップ》■ジョーカプチーノ
ジョーカプチーノNHKマイルカップ
本命が割れる中このレースを制したのが若くしてGⅠジョッキーの仲間入りした
20歳の新人藤岡康太騎手騎乗の10番人気ジョーカプチーノ。
道中2番手を追走し長い府中の直線で必死に追う姿に感動しました。
思えばここから若手の躍進が始まったんですよねぇ。。
【白の◎ジョーカプチーノ1着】


【女帝光臨】
《ヴィクトリアマイル》■ウオッカ
ウオッカヴィクトリアマイル
08’JC3着から半年あけての圧倒的1番人気で出走するが勝ち方も圧倒的。
2着に7馬身差をつけて勝利したのは、武豊騎手騎乗のウオッカ。
もうこの時は、ライバルなんて呼べる牝馬はいませんでしたね。
この時すでにブエナビスタとの対決が注目されてましたが結局今年は叶わない出来事でした。
[白の●~*ブラボーデイジー2着]


【最高の騎乗?最低の騎乗?】
《優駿牝馬オークス》■ブエナビスタ
ブエナビスタオークス
桜花賞を制し2冠を狙うブエナビスタが大方の予想通り後方待機。
直線では、ほぼ最後方の大外強襲、騎乗した安藤勝己騎手ももっと馬群捌いて
内を攻めればもっと楽だったと言うように全くの僅差。
一方2番人気で直線馬群の中央を抜け出し完全な勝ちパターンで完璧な騎乗をした
四位洋文騎手のレッドディザイア。
勝ったのは、僅かの差で届いたブエナビスタ!
騎乗の差がこれだけあって着順は、逆。
この時この差は、永遠に埋まらないものだと思ってたのだが・・・。
[白の◎ブエナビスタ1着]


【まさかまさかの・・・】
《東京優駿 日本ダービー》■ロジユニヴァース
7768ロジユニヴァースダービー
この日の府中は、不良も不良の泥んこ馬場
この悪状況の中7768頭の頂点にたったのが横山典弘騎手騎乗のロジユニヴァース。
4戦4勝で出走した皐月賞を惨敗し人気も1番人気とは離れた2番人気だったが
直線はいるとあれよあれよと先頭に立ち終わってみれば4馬身差の圧勝でした。
2着にも皐月賞惨敗したリーチザクラウンで皐月賞馬アンライバルドが12着。
これって・・・まさかまさか・・・ですよねぇ。
[白の◎アプレザンレーヴ5着]


【天才を超える府中のマイラー】
《安田記念》■ウオッカ
ウオッカ安田記念
騎乗している武豊騎手が天才ならこの牝馬は、それを超える府中のマイラーと
言えるだろう。
残り200m前は、馬群の壁、ライバルのディープスカイは、すでに先頭。
もう勝ち目無しかと思われた瞬間!!
馬と馬の間をこじあけゴール寸前で3/4馬身かわしての優勝は、圧巻でした。
[白の◎スーパーホーネット7着]


【あなたの夢は、???】
《宝塚記念》■ドリームジャーニー
ドリームジャーニー宝塚
ウオッカが府中1600の鬼なら池添謙一騎手騎乗のドリームジャーニーは、
阪神1800~2200の鬼といっても過言ではないだろう。
4コーナー回ってからの瞬発力と勝負根性は、一級品!
サクラメガワンダー・ディープスカイを見事かわしての優勝でした。
[白の◎ディープスカイ3着]


スポンサーサイト

■人気の死角穴の資格【有馬記念編回顧】■
◆今年も中央競馬全て終了しました。
私の結果といえば・・・とても話せるような内容では、ございませんが
今年も1年間喜怒哀楽にやってきました。
来年も喜怒哀楽しながらやっていきたいと思います。
では、全着順です。

1着::ドリームジャーニー  池添 謙一
2着::ブエナビスタ      横山 典弘
3着::エアシェイディ     後藤 浩輝
4着::フォゲッタブル     C.ルメール
5着::マイネルキッツ     三浦 皇成
6着セイウンワンダー7着マツリダゴッホ8着イコピコ
9着シャドウゲイト10着コスモバルク11着ミヤビランベリ
12着ネヴァブション13着リーチザクラウン14着テイエムプリキュア
15着アンライバルド
中止スリーロールス

◆◆2・1番人気で決まった割にいろいろあった今年の有馬記念
まず優勝馬ドリームジャーニー得意の出遅れ・・・
[ハイペースに救われた感は、あるが見事な差し脚で優勝!池添謙一騎手の男泣きにも感動!!
史上3頭目の同一年GP連覇おめでとうですね。]
エアシェイディのスタートは、まずまずだったのに一気に後方に下げたこと
[作戦だったのかどうかは、別として思い切った後藤騎手に拍手ですな]
リーチザクラウンのハイペースでの逃げ
[あの逃げは、・・・1000m通過が58秒台ってサイレンススズカにでも乗ってる気だったのか・・・。]
ブエナビスタの先行策
[これが1番ビックリ!!(;д)゜゜道中5番手追走するとはねぇ・・・
でも先行勢がほぼ全滅の中2着は、力がある証拠なのかな。。]
スリーロールスの競走中止
[今年の菊花賞馬の突然の競走中止に・・・引退となってしまいましたね(T0T。)。。。]
マツリダゴッホの早仕掛
[あのハイペースで1頭だけ思い切った仕掛、勝ちにいったのは分かるけどさすがにもたないよねぇ]
アンライバルドのヤル気のなさ・・・
[常に中団につけていながら4コーナー出口でバタバタ・・・あの皐月賞は、なんだったんだろうね
(^_^;)(^_^;)(^_^;)]

これだけのことがあって結果は、かた―――――――――――い結果。
3着に11番人気エアシェイディが入ったが3連単は、18890円と思いのほかつかなかったですね。
ただ3連複が5460円と3連単の1/3だったのは、ボックスやマルチで買うよりは、こっちのほうが
美味しかったのかなぁ。。。
とわいえ私の結果は、本命ミヤビランベリが直線までもたず11着撃沈 Qrz
印をつけた7頭中4頭が1着~4着まで入ったんですけどねぇ・・・。
◎ミヤビランベリ【11着】
○フォゲッタブル【4着】
▲ドリームジャーニー【1着】
●~*エアシェイディ【3着】
☆マツリダゴッホ【7着】
△ブエナビスタ【2着】
△ネヴァブション【12着】

とこんな感じで終了でした。


以上です。




■人気の死角穴の資格【有馬記念編】■
■それでわ今年最後の人気の死角穴の資格です。


■人気の死角■


<ブエナビスタ1番人気>
やはり1番人気になっちゃいました。
前日の記述通り勝ち負けできるほどの実績がないのとこのレース480㌔未満の馬が苦戦する
傾向にある。
早目仕掛けた札幌記念がとらえられず2着、大逃げを捕まえられなかったエリ女が3着。
直線短い中山で昨年のアドマイヤモナークみたいなことがあるならと思うが同馬は、全くの人気薄。
こちらは、1番人気気楽さが違うかなぁ。
【評価 △】

<ドリームジャーニー2番人気>
こちらも420㌔台の小さな馬で阪神1800~2200のスペシャリストだと中山は、厳しいかと思うが
オールカマーで負けたのがマツリダゴッホだけなので前走の左回りよりは右回りの方がプラスだろう。
【評価 ▲】

<マツリダゴッホ3番人気>
言わずと知れた中山マイスターだがオールカマーを勝って天皇賞秋は、負けすぎな気がする。
引退レースでいろいろと取りあげられてるが来るなら1着来ないなら掲示板もないだろう。
【評価 ☆】

<フォゲッタブル4番人気>
ラッキー人気に入ったのは、この馬でした。(まだ分からないけど。。)
調教もいいし前走で中山を使えたのは、好材料。
前日に今年の菊花賞組は、厳しいかもという件を書いたが古馬相手に重賞を唯一勝ってる1頭。
ルメールマジック炸裂!!
【評価 ○】


■穴の資格■


<ミヤビランベリ7番人気>
逃げ先行馬が多い中この馬は、無理していかなくても大丈夫なタイプなので潰されることは
ないだろう。2500mは、3戦3勝(全て重賞)
昨年は、AR共和国杯を勝った馬の次走がJC制覇。今年は、有馬で初G1制覇はこの馬。
【評価 ◎】

<エアシェイディ12番人気>
昨年の有馬記念と今年のJC最先着馬の人気が12番人気
年齢を感じさせない調教で今年も狙える馬だと思います。
【評価 大●~*】


都合によりファイナルポジションは、記載しません ┏●"
4コーナーで1番いいポジションにいそうなのは、◎と○です。


でわ今年最後の予想記載です。
◆白の予想◆

◎ミヤビランベリ
○フォゲッタブル
▲ドリームジャーニー
☆マツリダゴッホ
●~*エアシェイディ
△ブエナビスタ
△ネヴァブション


最後に当てて笑って終わりたいですね。

以上上記記載は、白独自のものですのでご参考程度にお願いします。m(_ _mm(。。m
そしてこのブログを見ていただいてる数少ない皆々様今年1年どうもありがとうございました。m(_ _mm(。。m
また来年もよろしくお願いいたします。


以上!!


■人気の死角穴の資格【有馬記念編】■
◆でわ過去のデータを元にあれやこれやとやってきたいと思います。

【1】引退レースを3着以内で飾った馬(5-2-4)22年で11頭(被り年なし)半分が引退レースを3着以内で飾っています。
  意外と多いんですねぇ。今年は、マツリダゴッホといったいいつ引退するんだテイエムプリキュア???
  ただ牝馬の引退レースは、来たことないので着目すべきはマツリダゴッホ1頭だろう。

【2】牝馬は、94’ヒシアマゾン3歳2着/97’エアグルーヴ4歳3着/01’トゥザヴィクトリー5歳3着/
   07’08’ダイワスカレーット3・4歳2着1着と4頭5回少ないですねぇ。
   しかも3歳では、ヒシアマゾン・ダイワスカーレットと共に古馬牝馬G1と牡馬相手に連対100%の実績。
   02’でファインモーションが6連勝という実績で1番人気でこのレース敗れてる。
   今年は、ブエナビスタが挑戦するが連対100%を切り1番人気になったら・・・。

【3】2年連続複勝圏に入ったのは10頭で9頭が2回目までにGⅠ勝利を飾ってた。
   例外は、3年連続3着のナイスネイチャ1頭だが同馬もマイルCS3着の実績を付けてのものだった。
   今年は、前年3着のエアシェイディ1頭だが同馬は、JC5着が最高着順はたして・・・。

【4】年をまたいでの3着以内は、オグリキャップ・タップダンスシチー・リンカーンの3頭のみ。
   勝ったことがあるのは、オグリキャップの1頭だけ他2頭は、2回来ても1着は、なかった。
   1昨年の覇者マツリダゴッホは、???

【5】66頭中馬齢3歳が【7-8-6】4歳が【9-7-5】5歳が【4-4-8】6歳【2-1-1】7歳【0-2-2】8歳以上【0-0-0】
   今年は、3歳7頭・4歳ゼロ・5歳1頭・6歳5頭・7歳1頭・8歳2頭。
   6年連続勝利の勝ち頭4歳が今年は、不出走、やはり次点で7頭も出てきた3歳が優勢?
   政権交代は、あるか?はたまたカンパニーのような古豪がまた活躍するのか?

【6】人気別では、1番人気【8-5-1】2番人気【2-4-2】3番人気【1-3-4】4番人気【6-1-3】
   5番人気【0-3-1】6番人気【1-2-3】7・8番人気が1回・9番人気が2回
  10番人気以下が【3-3-6】4番人気は、ラッキー人気?10番人気で勝ったのは、3頭だが92’以降は、勝ちは、無し。
   1番人気で勝つことのできる馬は、歴代でも上位に君臨できるG1ホース。
  今年の1番人気は、歴史に名をのこすことのできる1頭か?
   前々日オッズ1番人気イコピコって・・・。ラッキー人気は、セイウンワンダーかい・・・。
   まっ変わるでしょう。。菊花賞1~4着が上位人気を占めてるなぁ。

【7】コース実績は、あまり必要ないが無いよりある方が有利なのはあたりまえ。
   今年の中山実績馬は、8勝のマツリダゴッホ・2戦2勝のアンライバルド・複勝率100%フォゲッタブル
   ドリームジャーニーエアシェイディも複勝率60%オーバーです。

【8】完全乗り替わりで来たのは7人で勝利したのは、オグリキャップの2回だけ。
   テン乗りで勝つのは厳しいか。
   今年の乗り替わりは、アンライバルド・ブエナビスタ・マイネルキッツ・イコピコ・セイウンワンダー・フォゲッタブル
   6頭が完全乗り替わり。

【9】中山芝2200m経験+好成績は、絶好の狙い目。。66頭中18頭が該当。
   これに菊花賞・宝塚記念・マイルCSの実績が加わると鬼に金棒。。
   今年は、ネヴァブション⇒AJCC1着・07’オールカマー6着・他06’4着6着+菊花賞10着。
   マイネルキッツ⇒AJCC4着・08’オールカマー4着・他06’5着+宝塚記念7着。
   コスモバルク⇒06’オールカマー2着・04’セントライト記念1着+菊花賞4着・宝塚記念05’12着06’8着07’11着09’13着。
   エアシェイディ⇒AJCC2着・08’オールカマー5着・AJCC1着06’オールカマー5着・05’AJCC2着・
   04’セントライト記念6着+宝塚記念08’7着。
   マツリダゴッホ⇒オールカマー1着・08’オールカマー1着・07’オールカマー1着・07’AJCC1着+αなし。
   ドリームジャーニー⇒オールカマー2着・AJCC8着+菊花賞5着・宝塚記念1着。
   シャドウゲイト⇒08’オールカマー8着+宝塚記念14着。
   フォゲッタブル⇒セントライト記念3着+菊花賞2着。
   と今年の中山2200m経験馬は、7頭で・す・が・・・基本複勝圏内が重要で+今年のG1好走が
   必要なのでここで推せるのは、ドリームジャーニーフォゲッタブルエアシェイディの3頭まで。

【10】全芝・芝2000m・2200m~2400m・2500m・2600m以上この5項目中1つ以上連対率50%が必要
   66頭中64頭が該当。
   ※例外は、87’ハシケンエルドと92’メジロパーマーの2頭のみだがこの2頭は、
   2200m~2400mで複勝率50%があった。
   今年クリアできなかったのは、テイエムプリキュア・シャドウゲイト・セイウンワンダー3頭。
   エアシェイディは、2000mで複勝率50%でギリギリセーフ???

【11】客質で目立つのは、差しだが4コーナーで7番手以上に上がってこれる早い仕掛けができ
   ラストの直線でスタミナを残せる馬を探そう。
   今年それができそうなのは、ドリームジャーニーフォゲッタブルの2頭かなぁ。

【12】22回中15回が前走・前々走で同じレースだった馬が2頭以上からんでる。
   天皇賞秋・JCが主だが菊花賞やAR共和国杯なんかもあるのでどのレースのレベルが
   高かったのかを見極めるのも必要だ。
   まず菊花賞だが今年の勝ちタイムが3.03.5と好タイムなのだが必ずしも早ければレベルが高い
   わけではない。現に06’3.02.7で決まった年の2着ドリームパスポートが4着・4着メイショウサムソン5着。
   98’3.03.2で決まった年の1着セイウンスカイは、4着・3着エモシオン11着・5着キングヘイロー6着と敗れている。
   逆に3.04台で決着してる93’ビワハヤヒデ2着94’ナリタブライアン1着95’マヤノトップガン1着05’ディープインパクト
   と早すぎず遅すぎずの菊花賞が有馬を制してる。
   今年は、菊花賞組1着~5着と15着の6頭が出走。
   次に天皇賞秋組ですがこちらは、タイムが早い方が有馬で実績を残してる57秒~58秒台ならクリア
   今年は、57.2で08’と同じ、その年は1着~3着までが天皇賞秋に出走していた。
   今年の天皇賞組は、6着ドリームジャーニー・8着エアシェイディ・13着ネヴァブション・14着コスモバルク・17着マツリダゴッホ   の5頭が出走。
   最後にJC組だがJCも天皇賞秋も出ているというのが理想でJCだけ出走で2頭以上の決まった
   レースは、少ない。今年秋天⇒JCは、3頭でJCだけ出走がマイネルキッツ1頭。
   マツリダゴッホドリームジャーニーは、天皇賞秋だけ。
   今年は、天皇賞秋組が注目かな。。

【13】天皇賞秋組は、着順不問で特に人気で大敗した馬は、絶好の狙い目。
   要は、府中の2000mがダメってだけの馬を探してみると意外な穴が浮上するかも。。
   ※ 今年の天皇賞秋組は、データ12参照

以上!!いよいよ明日は、予想です。

■人気の死角穴の資格【GP有馬記念編】■
今回は、枠順とランキングボードを同時に掲載します。


有馬枠


差し・追込みの2頭が1枠にぶち込まれました・・・。
面白いのが先行勢絶好枠のミヤビランベリ1枠が行かない分すんなり前にでてラチ沿いを走れそう。
5・8番のコスモバルク・リーチザクラウンも好枠。
テイエムプリキュア・シャドウゲイトが12・13番と見事にバラけましたねぇ。
ファイナルポジションでも掲載しますがこの枠順は、そうとう影響しそうです。


次にランキングボードです。
有馬RB

以上です。。
明日から今年最大過去22年分のデータを総動力して予想していきます。
お楽しみに~!!


■人気の死角穴の資格【朝日杯FS編回顧】■
すっかり忘れてたf(^_^;)
でわ全着順。。



1着::ローズキングダム 小牧 太
2着::エイシンアポロン 池添謙一
3着::ダイワバーバリアン 蛯名 正義
4着::ガルボ 吉田 隼人
5着::ニシノメイゲツ 北村 宏司

6着キングレオポルド7着キョウエイアシュラ8着ヒットジャポット
9着エーシンホワイティ10着エスカーダ11着バトルレッド12着ダッシャーゴーゴー
13着ツルマルジュウピター14着トーセンファントム15着バトルシュリイマン
16着フローライゼ


◆いやぁローズキングダム強かった・・・。
エイシンアポロンは、仕掛早かったのかなぁ(そんなことないと思うけど。。
今回は、有馬の準備のため以上です。



最後に一言
ガルボは、がんばった!!


■人気の死角穴の資格【朝日杯FS編】■
それでは、まとめです。



■人気の死角■


ローズキングダム1番人気
過去8年で1番人気が勝利したのは、01’アドマイヤドンただ1頭だが3着以内は、
【1-2-4-1】で外したのは、07’で無理やり押し上げられたスズジュピター
(もちろん成績は、悪くないんですけどね^^;)
また無敗でこのレースを制したのもアドマイヤドンただ1頭
ヤマノブリザード・サクラプレジデント・メイショウボーラー・ジャリスコライト・オースミダイドウと5頭いるがいずれも
敗れている。そしてヤマノブリザード2人気以外は、全て1番人気だった。
そしてサンデーRの小牧騎手といえば04’で1番人気で3着に敗れたペールギュントが
記憶に残るねぇ。。
そして呪われてるのかナゼかG1に縁のないバラ一族。。
まぁもちろん実力もある馬だろうし1番人気の信頼がないわけじゃないんだけど
ここまでくると頭固定は、できないかなぁ・・・。
【評価 ▲】

エイシンアポロン2番人気
着外の2回ある馬で勝ったのはエイシンチャンプ1頭だけだが
今回のエイシンは、デイリー杯2着そして先週阪神JFで2着したアニメイトバイオを抑えて
勝った前走の京王杯2歳Sと王道路線を2つ連対で経由してるのは、強みだ!!
2番人気の強いこのレース。持ちタイムもNo.1
【評価 ◎】

トーセンファントム3番人気
まず調教が良くない・・・。
レースと調教が直結しない馬も多々いるが遅れは、NGでしょう。
また外枠も不利、先行馬じゃないだけに馬群をさばいてどう動くかは騎手次第で不安要素は、ある。
東スポ杯組は、多くこのレース来ているが全て着順不問で2番人気以内、同馬は、3番人気だった。
【評価 無印】


■穴の資格■



ダッシャーゴーゴー7番人気
小倉2歳Sのレベルは、弱冠疑う余地あるがその後きっちりOP勝ちし
負けはしたものの京王杯は、1番人気。
W3本PT2本と充分な乗り込みで狙える1頭。
あとこれは、余談で誰もが見ているオカルトだが
赤いユニフォームに55の松井にかかってGoGo哲三!!
┏○"すみませんはしゃぎすぎました。。

ヒットジャポット8番人気
意外と過去の成績で多かったりするのが新馬4着以下に負けてから複勝率100%って馬が
よくくるのだが今年の該当は、この馬だけ。
福永騎手から急遽乗り替わった江田照男騎手の1発を狙う!!


<<白の予想>>

◎エイシンアポロン
○ヒットジャポット
▲ローズキングダム
●~*ダッシャーゴーゴー
△キングレオポルド
△ツルマルジュピター
△ダイワバーバリアン
△ガルボ←吉田隼人騎手は、誕生日だそうな。。


以上ですが上記は、白独自の予想となっておりますのでご参考程度でお願いします。
m(_ _mm(。。m


でわ来週は、いよいよ今年最後のGP有馬記念です。
7頭も出てくる3歳馬は、???
引退レースのマツリダゴッホは、???
GP春秋連覇狙うドリームジャーニーは、???


楽しみですね(^0^)(^0^)(^0^)


以上!!!

■人気の死角穴の資格【朝日杯FS編】■
枠順かくてーーーー!!
asahi.jpg

外枠引いちゃったのは、トーセンファントムにニシノメイゲツ
ローズキングダム・エイシンアポロンは、無難なとこ引いたかな。。
ここんとこいいとこいるけど勝てない内田博幸騎手(JC2着・JCD4着・阪神JF2着)
04’ペールギュントで1番人気3着に敗れた小牧太騎手今回は。???


■人気の死角穴の資格【朝日杯FS編】■
有馬記念もせまり今年もあと半月ですね。
でもその前に2歳牡馬チャンピオン戦で資金稼ぎといきたいですね。。
でわランキングボードです。

朝日FS RB

※キョウエイアシュラは、乗り替わり無しで三浦皇成騎手のままです。
※ガルボは、乗り替わりで吉田隼人騎手です。
┏○"失礼いたしました。 ┏○"





◆有馬記念特集Ⅱ◆
■今回は、有力馬を歴代の勝利馬(連対馬)/敗北馬のタイプ別に診断してみたいと思います。
まぁ私の見た目判断ですのでご容赦ください ┏○"


ブエナビスタ3歳牝馬
WinType::94’6人気2着ヒシアマゾン 圧倒的な強さの6連勝で有馬記念に出走するも3冠馬
       ナリタブライアンに敗れ2着。


LoseType::96’4人気10着ファビラスラフィン こちらも秋華賞勝ちやJC2着などの実績を
        ぶら下げての出走になったが大敗した。
        またウオッカにも少し似てます。07’3番人気11着3冠好走[2冠馬とダービー馬の差]

        うーんこっちの方が近いか・・・実は、東京巧者のマイラーか???

ドリームジャーニー5歳牡馬
WinType::99’グラスワンダー1人気 宝塚記念を制しグランプリ春秋制覇を果した馬。まくり
       タイプも一緒。


LoseType::は、本馬08’7人気4着。

スリーロールス3歳牡馬
WinType::01’マンハッタンカフェ3人気 条件戦⇒セントライト4着から菊花賞勝ちは、トライアルを使って
ないものの似たところは、多々ある。本物のステイヤーなら 大物の予感。


LoseType::04’デルタブルース4人気5着 こちらは、条件戦からの菊花賞馬でほぼそっくり。
        こちらの方が似てるタイプかな。。。

フォゲッタブル3歳牡馬
WinType::03’リンカーン4人気2着 トライアル好走で菊花賞2着連対するならこのタイプ。


LoseType::テイエムオペラオー5人気3着 菊花賞2着でステイヤーズS2着とローテションは、全く同じ。
        勝ってる分今年の方が上???

セイウンワンダー3歳牡馬
WinType::03’リンカーン4人気2着 ダービー大敗後トライアル・菊花好走の例は、同じ。
       中山適性の高さからセイウンの方が上か???


LoseType::04'コスモバルク2人気11着皐月好走⇒ダービー大敗⇒菊花賞好走は、同じパターン。
        菊が成長・疲労ピークなんかがあるとこっちになるかなぁ・・・。

イコピコ3歳牡馬
WinType::無し


LoseType::07’ロックドゥカンブ4人気4着 ラNIKKEI杯出走⇒トライアル勝ちで菊花賞好走は、全く同じ。
        古馬相手に通用しなかったタイプだ。

リーチザクラウン3歳牡馬
WinType::97’シルクジャスティス4人気 ダービー2着⇒菊花賞5着⇒JC5着で有馬挑戦で勝利。
       リーチは、JC大敗で今回同系馬が多い分厳しいですかねぇ。。


LoseType::04’ハーツクライ10人気9着 ダービー2着⇒菊花賞7着⇒JC10着とこっちの方が近いかな。。
        力をつけて戦法変えれば来年あっと言わせたりしてね(^^;

アンライバルド3歳牡馬
WinType::無し


LoseType::02’ノーリーズン6人気6着 皐月賞を勝って以来成績がパッとしないで出走は、
このタイプ。

ミヤビランベリ6歳牡馬
WinType::01’アメリカンボス13人気2着 その年GⅡ2勝で大穴あけたのがこのタイプ。
       ランベリは、重賞3勝2500mのGⅡ2つ勝ってる分同馬より人気も力も上だろう。
       ただし3歳馬人気で人気をかなり落とすなら01'再現もあるかもね(^0^)


LoseType::03'タップダンスシチー2人気8着 同系馬に突っつかれて本来の競馬をさせて
        もらえないとこうなるパターンのタイプ。

マイネルキッツ6歳牡馬
WinType::無し


LoseType::05’スズカマンボ7人気10着 天皇賞春を人気薄で勝ちその後ぱったり勝てなくなった
        のがこのパターンのタイプ。

マツリダゴッホ6歳牡馬07’1着 08’12着
エアシェイディ8歳牡馬08’3着
コスモバルク8歳牡馬04’11着 05’4着 06’11着 07’10着 08’11着
この3頭は、有馬記念経験組で本馬自体がタイプになるので割愛します。


とにかく今年は、3歳馬!!が多い菊花賞1~5着馬に皐月賞馬に牝馬2冠馬と7頭も。。
これで古馬の人気が落ちるなら美味しいのか???
コスモバルクは、6年連続かい・・・


と こんな感じでPartⅡを終わります。

以上!!


◆有馬記念情報◆
本日より朝日杯と併用して有馬記念関係もちょこちょこ掲載していきたいと思います。


では、登録馬
【人気投票順】
2位ブエナビスタ(牝3)栗【横山典弘】
4位ドリームジャーニー(牡5)栗【池添謙一】
5位マツリダゴッホ(牡6)美【蛯名正義】
9位リーチザクラウン(牡3)栗【武豊】
10位イコピコ(牡3)栗【内田博幸】
11位アンライバルド(牡3)栗【M.デムーロ】
13位セイウンワンダー(牡3)栗【福永祐一】
14位マイネルキッツ(牡6)美【松岡正海】
16位エアシェイディ(牡8)美【後藤浩輝】
18位スリーロールス(牡3)栗【浜中俊】

【出走馬決定賞金順】13日現在
ミヤビランベリ(牡6)栗【吉田隼人】
コスモバルク(牡8)地【五十嵐冬樹】
シャドウゲイト(牡7)美【田中勝春】
フォゲッタブル(牡3)栗【C.ルメール】
テイエムプリキュア(牝6)栗【熊沢重文】
ネヴァブション(牡6)美【北村宏】

【除外対象順】
1.ナカヤマフェスタ(牡3)美 予定していた有馬記念の前に中日新聞杯を使ったので繰り上がっても出ないかも。
2.トウカイトリック(牡7)栗
3.アクシオン(牡6)美【藤田伸二】
4.キャプテントゥーレ(牡4)栗【川田将雅】ファン投票19位だがディセンバーS登録後補欠で東京大賞典登録。
5.サンライズマックス(牡5)栗 こちらも鳴尾記念挟んだ為繰り上がっても出ない可能性あり。
6.レディルージュ(牝3)栗 12/27尾張Sにも登録あり。
7.ゴールデンメイン(セン9)栗 1/5万葉Sへの登録もあり。
8.バロズハート(牡4)美 12/26師走Sにも登録あり。
9.モンテクリスエス(牡4)栗【柴田善臣】
10.ケイアイテンジン(牡3)栗 12/19ギャラクシーSにも登録あり。
12.アップドラフト(セン7)栗
13.メイショウベルーガ(牝4)栗 12/19愛知杯に登録あり。
14.ヒカルカザブエ(牡4)栗 放牧中で1/5の中山金杯を予定。
15.ナカヤマパラダイス(牡6)美 12/27尾張Sにも登録あり。
16.ダイワワイルドボア(牡4)美
17.メイショウクオリア(牡4)栗 12/20阪神Cにも登録あり。


◆出走可能16頭は、騎手も決まってほぼ繰り上がり出走は、難しいですが出走可能枠の倍32頭が
登録。
私的には、あの地方枠は何とかして欲しいですねぇ。
年内中央重賞勝ちやG1で3着以内に入るとかすれば出走可能で条件つけてくれれば納得もいくんですが
ただ出るだけで着順も毎回下位の成績では、除外された中央馬が少しかわいそうな気もします。
除外対象の馬の大半は、別路線で次走を決めているのも多いのでほぼ上位の馬で決まりかな。。
驚いたのは、アンライバルドにM.デムーロ騎手。フォゲッタブルにC.ルメール騎手ですね。
アンライバルドは、当初スミヨン騎手だったのが騎乗停止処分により白紙になり
岩田騎手が気になって記者に聞きにきたってのが・・・そんなの気にしてるから本番負けるんじゃ・・・(笑)
で急遽決まったのがM.デムーロ騎手だデムーロ騎手といえば皐月賞馬ダイワメジャーを
有馬記念で2年連続3着に持ってきた名手。アンライバルドも最近は、成績不振も今年の皐月賞を圧勝した馬
怖いのか???(゜д゜;))(゜д゜;))
そして菊花賞2着でステイヤーズSを制した良血フォゲッタブルには、C.ルメール騎手。
ディープインパクトを敗ったハーツクライは、まだ記憶に新しいだろう。


現時点での私の注目の1頭は、


ミヤビランベリです。
おそらくフォゲッタブルがルメール騎手になったので前走と同じで吉田隼人騎手で出てくるであろうと
思われ内枠引いて単騎で行くことができるならコース・距離と問題ないので全然チャンスあると思います。

今日は、こんなところです。


以上!!


■人気の死角穴の資格【阪神JF編回顧】■
◆全着順◆


1着::アパパネ 蛯名正義
2着::アニメイトバイオ 内田博幸
3着::ベストクルーズ 安藤勝己
4着::ラナンキュラス 四位洋文
5着::シンメイフジ 岩田康誠

6着タガノエリザベート7着ステラリード8着カスクドール
9着タガノガルーダ10着モトヒメ11着ジュエルオブナイル
12着メルヴェイユドール13着タガノパルムドール14着グローリーステップ
15着サリエル16着メイショウデイム17着パリスドール
18着カレンナホホエミ


◆まずはアパパネ昨年のダノンベルベールと全く同じローテでしかも全く同じ騎乗(前年は、後藤騎手で2着)
で優勝と大外不利は、関係なかったですねぇ。ゲート入り嫌って気性の悪さを見せたのに強い勝ち方でした。
逆に1番人気のシンメイフジですがいきなりの出遅れさらに直線でアパパネが内をついて行くのを真後ろで
見ていながら大外へ進路変更し伸び始めた頃には、すでにアパパネは、先頭。
アニメイトバイオ・ベストクルーズも馬場の中~内をついて大外組は、掲示板争いが精一杯でした。
ブエナビスタじゃないんだから伸びる内ついた馬を大外からかわすなんてムリだよね・・・。
4着ラナンキュラスは、アパパネにかわされてからの伸びがイマイチでしたねぇ。
厩舎サイドもまだまだ成長してる最中と言っていたのでこれからですかね。。
7着以下は、どこも2馬身つかない着差で展開一つでドングリのってとこですかねぇ。。。
今回の1~6着の差は、馬の能力を生かす殺すの騎乗が出たように私は、思います。
桜花賞までの成長次第では、替わる可能性は充分あると思いました。


今週は、朝日杯FSです。
東スポ杯で直線一気で勝利したローズキングダムは、???
京王杯2歳Sでアニメイトバイオを抑え勝利したエイシンアポロンは???


以上!!


■人気の死角穴の資格【阪神JF編】■
◆でわ結論です◆


■人気の死角■


1番人気シンメイフジ

新潟2歳Sでは、直線で17頭ごぼう抜きで勝利。
タイムは、1.34.4と2番目タイムだがTOPタガノエリザベートとは、0.1差
9月の新潟から直行というところは、気になるが遊んで走って勝利した時から
の成長があるようなら圧勝してもおかしくない1頭だ。
【評価 ☆】

2番人気アパパネ
赤松賞をレコード勝ちして早くからの栗東調整は、昨年のダノンベルベールと同じ。
ダノンより強いと見られてるが気性に難ありでレコード反動が出る可能性もある
また大外枠も不利の対象になり騎乗の蛯○騎手は、私個人の意見ですが短距離出遅れが
大の得意、前日の消去方でも消えた1頭なので今回は、厳しいかな???
【評価 無印】

3番人気タガノエリザベート
ファンタジーSを快勝し一躍人気に踊り出た1頭だがファンタジー組は、無敗や連勝等で
本番は、1番人気が定番(それでも負けが多いのは、京都の外回り1400mから阪神1600mへの対応が
難しいのとレースの反動によるものと私は、見ています。)
よってファンタジーSで力差を測るのは、早計で今回も人気薄で勝った上
デイリー杯・ききょうSと負けているところから割引と見ました。
【評価 無印】



■穴の資格■

ステラリード
2連勝で函館2歳チャンピオンもファンタジーSでは、2番人気になるも6着で
只今人気急降下中M.デムーロ騎手乗替り。
1度人気で負けて人気を落とした実力馬は、多数いる。
今回は、その1頭とみました。
【評価 ☆】


その他では、
【評価 ☆】ラナンキュラス
【評価 ☆】タガノパルムドール
【評価 ☆】メイショウデイム

上2頭が以外と人気だったのでここでは、評価を挙げるだけにしときます。
メイショウデイムについては、福永騎手がサリエルに騎乗しないで
こっちを選んだのでなんとなく気になった1頭です。


《白の予想》
☆16シンメイフジ
☆7ラナンキュラス
☆10タガノパルムドール
☆11ステラリード
☆1メイショウデイム

3連単は、着順予想が困難なため5頭BOX3連複で!!
3連単なら16⇒7⇒1・10・11で!!


尚上記につきましては、白独自の予想ですのでご参考程度にお願いします。m(_ _mm(。。m


以上!!
来週は、牡馬2歳チャンピオン決定戦朝日杯FSです。


■人気の死角穴の資格【阪神JF編】■
◆枠順確定◆

阪神JF枠

◆まず人気のデータから御紹介。
01’~08’の8年間で
1人気【2-1-1-4】
2人気【0-0-4-4】
3人気【1-1-0-6】
まぁなんともしょっぱい成績ですなぁ。


たぁ~だ1・2・3番人気が総崩れした年は03’のみで04’06’07’08’とここ数年は、
1~3人気が2頭は、入ってる(2番人気が3年連続3着)。
下記は、01’~08’の8年間での着順別人気です。
1着::7⇒1⇒6⇒8⇒8⇒4⇒3⇒1
2着::9⇒11⇒10⇒3⇒9⇒1⇒8⇒3
3着::2⇒6⇒12⇒1⇒2⇒2⇒2⇒4
今年の予想では、1人気シンメイフジ2人気ラナンキュラス3人気ジュエルオブナイルでは
と思います。


※こう人気が来たり裏切ったりが繰り返されると予想も困難なので今週は、消去方で行きたいと思います。

Ⅰ:新馬戦は、2着以内で1着との差は、0.3以内で3着でもその範囲内なら可。
ここで消えるのは、
ジュエルオブナイルモトヒメサリエルアニメイトバイオカスクドールアパパネ
と6頭も おっとここで人気になりそうなアパパネ・アニメイトバイオ・ジュエルオブナイル
が早くも脱落だぁ~!(゜д゜;)

Ⅱ:前走1・2着最低でも3着以外は、NG。それ以外は、
人気でないとNG。要するに人気のない3着以下の馬は、ダメってことだね。。
ここでは、
カスクドールタガノガルーダメルヴェイユドールパリスドールカレンナホホエミの5頭
カレンナホホエミは、前走3番人気なんだけど前々走も16着と敗れてるので該当とします。
来たらどーしよf(^^;)だいじょうぶかな。。
01~08までで1番人気は、08’のブエナビスタ以外全てファンタジーSを勝って出走してきているが戦績は、【1-0-1-5】
08’は、13番人気イナズマアマリリスで本番は、8人気5着。
今年のファンタジーSは、タガノエリザベートが制するが8番人気昨年と同じ結果となるか?
Ⅳ:着外は、2回までだが8年間で複勝率100%が21頭着外1回が2頭だが03’3着のコンコルディアが4人気8着
04’1着ショウナンパントルがデイリー杯で2番人気5着と重賞での着外以外は、NG。
パリスドール・メルヴェイユドール・タガノガルーダ・カスクドール・カレンナホホエミ・グローリーステップ
・メイショウデイム・モトヒメ
と8頭が該当。

Ⅴ:1戦1勝は、1600m以上か0.6以上離しての勝利が必須。
今年の1戦1勝馬は、タガノパルムドール1頭で1600m0.3差勝ちは、クリア。

残ったのは、なんとわずか4頭
♥シンメイフジ
♥ラナンキュラス
♥ステラリード
♥タガノパルムドール



わっかんないときは、絞って絞って!!
さーてどなるでしょうね(^0^)








■人気の死角穴の資格【阪神JF編】■
◆今週は、2歳女王決定戦阪神JFです。
では、ランキングボードからご覧ください。

JF RB

※Sランクに5頭小倉2歳S覇者ジュエルオブナイルに新潟2歳Sシンメイフジに
京王杯2歳S2着アニメイトバイオファンタジーS1番人気良血ラナンキュラス
ファンタジーS2着ベストクルーズの5頭。
Sに最も近いAにファンタジーS覇者タガノエリザベート
他ステラリード・アパパネがAとなりました。
2勝馬11頭1勝馬7頭で4着以下無しは、5頭だけです。
さて結果は、いかに・・・??



■人気の死角穴の資格【ジャパンカップダート編回顧】■
◆まず全着順です。

1着:エスポワールシチー 佐藤哲三
2着:シルクメビウス 田中博康
3着:ゴールデンチケット C.ルメール
4着:サクセスブロッケン 内田博幸
5着:アドマイヤスバル 勝浦正樹

6着ワンダーアキュート7着メイショウトウコン8着ヴァーミリアン
9着マコトスパルビエロ10着ダイショウジェット11着ボンネビルレコード
12着ティズウェイ13着ラヴェリータ14着スーニ15着ワンダースピード
16着マルブツリード



◆まずエスポワールシチーは、見事な逃げきりでしたね。。
スタートしてすぐティズウェイがハナを主張しようとしましたが落ち着いたコーナーワークで
先手をとりマイペースで向う正面を迎えましたね。
そして早目にしかけたマコトスパルビエロにもかわされることなく4コーナーを迎え突き離しての
1着ゴールとなりました。
2着シルクメビウスは、逆に後方でじっくり脚を溜めて直線で勝負しての2着。
3着ゴールデンチケットは、前半前に行くのを抑え下げて差すというルメール騎手のうまさが目立ちました。
4着サクセスブロッケンは、終始エスポワールマークで直線では、2着かというところでしたが
残り100mで失速し4着まで落ちてしまいました。前半もう少しスムーズに運べたら脚を残して
エスポワールとの勝ち負けに持ちこめたかもしれなかったんですがねぇf(^0^;)
5着のアドマイヤスバルも惜しい差し脚でした。
6着以下は、力負けしてますかねぇ。
8着に敗れた2番人気ヴァーミリアンの敗因コメントのよく分からないって・・・。
結局地方G1を連勝してきた1番人気と2番人気でしたが闘ってきた相手が
エスポワールシチー⇒⇒カネヒキリ・サクセスブロッケン
ヴァーミリアン⇒⇒⇒⇒フリオーソ・マコトスパルビエロでは、ちょっとメンツが違いすぎますよね。。



で次回は、阪神JFと次々回の朝日FSですが2歳戦は、なんともいえませんので
簡単になると思いますが御了承ください。m(_ _mm(。。mm(_ _mm(。。m


以上!!


■人気の死角穴の資格【ジャパンカップダート編】■
◆でわ本題に入りますが下図も一緒にご覧ください。
JCD5.jpg
◆人気の資格◆

【1番人気エスポワールシチー】
年明け5戦が全て重賞で[3-1-0-1]負けたのが緒戦の平安S2着とG1フェブラリーS4着だが
差のない負けでその後のマーチSを勝利したあと地方G1かしわ記念でカネヒキリを撃破し
続く南部杯では、フェブラリーSで敗れたサクセスブロッケンに4馬身差をつけての快勝。
3歳勢との対決はないが今回出走してくる6頭の古馬相手に負けたのがサクセスブロッケン1頭だけで
あとの3頭は、その6頭にすら勝っていないので問題なし。
コース・距離共に連対100%で絶好の1番枠突っかかってくる馬がいれば控えればいいだけ
問題があるならこのレース4歳の勝利がないというとこだけだが連対候補には、なんら問題ないだろう。
【評価◎】

【2番人気ヴァーミリアン】
フェブラリーSでは、まさかの6着だったがその後地方G1帝王賞・JBCCと連勝し歴代G1勝利数
7勝を塗り替えて8勝した。

よくよく見てみると帝王賞では、勝ったのがボンネビルレコードだけでJBCCでは、
マコトスパルビエロ・ワンダースピード・メイショウトウコンの3頭のみで
今回のメンバーでは、やや人気のないところとばかりの対戦でエスポワールとは倒してきた相手が
違いすぎる感がある。
そして7歳馬の連対は、過去無し(カンパニーの例もあるのでなんともいえないが)
今回私的に調教もよく見えなかったので。。
【評価△】
【3番人気ワンダーアキュート】
こちらは、3歳代表の1頭。シリウスS・武蔵野Sと中央ダート連勝中なのだが古馬で勝ったのが
エスポワールと同じなのだがサクセスブロッケンは、59㌔だったのとシリウスSでの同馬の斤量が
54㌔で今回の出走メンバーで出ていたのがゴールデンチケット3着ワンダースピード5着の2頭だけ
強い本気の古馬とやっていないのは、マイナスだし上図にも言える内容だと思います。
調教で格下に遅れたのもマイナスですねぇ。
ただ阪神ダート3勝は、全馬中ただ1頭ってのは、評価したいです。
【評価▲】

【4番人気サクセスブロッケン】
今年のフェブラリーSで上位人気の古馬+カネヒキリを敗っての勝利。
休み明けの南部杯でエスポワールシチーに完敗し武蔵野Sでは、59㌔が響いたのかまさかの10着大敗
だが叩き3戦目で仕上がりが良さそうなのでここは、巻き返しに期待したい1頭です。
【評価○】

●~*穴の資格●~*

【ゴールデンチケット】
3歳の中では、唯一の複勝率100%で大崩しない馬。シリウスSでは、斤量差1㌔で3着
前走もOP2着と今回騎乗のルメールにも期待。


【ダイショウジェット】
マーチSでは、エスポワールシチーの2着、武蔵野Sでは、ワンダーアキュートの2着
あと1歩のレースが多い割にOPで圧勝すれば惨敗もするという難しい馬。
ただこういった馬が本番でもあっと言わせる可能性がないわけでもないと思います。
現にこのレースヒモ荒れが多いしね。


【スーニ】
JDD以外なら成績は、3歳No1と言える馬が11番人気
川田騎手に替わって1-2-0-0 G1(JBCS)勝ちと相性も良さそう。


◆白の予想◆

◎エスポワールシチー
○サクセスブロッケン
▲ワンダーアキュート
△ヴァーミリアン
●~*ゴールデンチケット
●~*ダイショウジェット
●~*スーニ


尚上記は、白独自の予想ですのでご参考程度でお願いします。m(_ _mm(。。m


来週は、2歳女王決定戦阪神JFです。


以上!!



■人気の死角穴の資格【ジャパンカップダート編】■
◆枠順確定◆
JCD枠

◆スプリンターズSでは、ローレルゲレイロのG1馬の貫禄勝ちで3歳馬グランプリエンゼル13着に沈むみ
天皇賞秋では、3歳馬の参戦は、なし。
エリザベス女王杯では3歳最強牝馬ブエナビスタがクイーンスプマンテに逃げ切られテイエムプリキュアも
かわせず3着に敗れブロードストリート6着ジェルミナル13着ミクロコスモス14着。
マイルチャンピオンシップでは8歳馬カンパニーの前にフィフスペトル8着サンカルロ12着
ストロングガルーダ14着といいとこなし。
先週のジャパンカップでは現役最強牝馬ウオッカにレッドディザイアとリーチザクラウンが挑むも
完敗。


3歳馬VS古馬第6戦ジャパンカップダートですが今回は???
世代交代なるか???
3歳馬ワンダーアキュート・スーニ・ゴールデンチケット・シルクメビウス・ラヴェリータと5頭。


古馬からの代表は、ヴァーミリアン・エスポワールシチー・サクセスブロッケンが立ちはだかります。



■人気の死角穴の資格【ジャパンカップダート編】■
◆さてさて今年最後のJRAプレミアムレース
ジャパンカップダートです。
今年の流行語大賞は、<<政権交代>>
先週は、現役最強の面目を保ったウオッカで政権(世代)交代ならず。
今回政権(世代)交代を狙うのは、重賞連勝中ワンダーアキュートに
2歳チャンピオンでJBCS覇者スーニ
他にもゴールデンチケットにシルクメビウス・牝馬では、ラヴェリータ
と虎視眈々狙っています。
一方古馬勢ヴァーミリアンは、JBCC連覇でここ1本勝負。
今年のフェブラリーS馬サクセスブロッケンは、武蔵野Sで大敗したものの立て直して
勝利した前年覇者カネヒキリと同じパターン。
連戦連勝中エスポワールシチー。
ワンダーアキュートの4つ上ワンダースピードもここを狙っての勝負と上位陣も多数で
予想困難ですかねぇf(^_^;)f(^_^;)f(^_^;)
ではランキグボードです。

JCD RB


■人気の死角穴の資格【ジャパンカップ編回顧】■
■なんだかんだでまたウオッカですか・・・。
オウケン差してると思ったんだけどなぁ。
では、全着順です。


1着::ウオッカ C.ルメール
2着::オウケンブルースリ 内田 博幸
3着::レッドディザイア 四位 洋文
4着::コンデュイット R.ムーア
5着::エアシェイディ 後藤 浩輝

6着エイシンデピュティ7着ジャズトアズウェル8着マイネルキッツ
9着リーチザクラウン10着ネヴァブション11着シンティロ
12着コスモバルク13着スクリーンヒーロー14着インターパテイション
15着インティライミ16着アサクサキングス17着マーシュサイド
18着ヤマニンキングリー


◆まずウオッカですがポジションとしては、やや前すぎるかなとも思ったんですがリーチザクランが
つくったペース(前半1000m59.0-後半1000m59.7)これが実際早かったかというと(''まぁ早いんだけど。。
ただ後半の0.7は、きっちり息が入ってる分4番手でじっくり前を見て走れたルメール騎手の手腕が生きた
結果だと思います。


そして惜しくも2着に敗れたオウケンブルースリですが内田騎手は、仕掛けがもう少し早ければとコメント
していましたが私は、あれがベストな仕掛けだったと思います。
あえて言うなら4コーナー回る時マイネルキッツとほんの少しの小競り合いがハナ差響いたのかなぁって
思いました。


3着レッドディザイアですがかわせなかったウオッカにかわされたオウケンブルースリ
この2頭には、完敗したもののこの成績は3歳牝馬では立派なものだと思います。
3歳牝馬限定とはいえ年内連対率100%で私自信無印は、過小評価しすぎました。
また前年度3着以内騎手で来たのは、四位騎手でしたね Qrz


前述記載どーりコンデュイットのR.ムーア騎手は、騎乗機会の浅さがでてしまったというか
ウオッカマークで壁ができ本来の競馬ができず伸びを欠きレッドディザイアにまでかわされる結果
になってしまいましたね。


その他で頑張ったのは、エアシェイディの5着に前に行って残した6着エイシンデピュティの2頭
だと思います。


以上!!



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。