このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

04<<  2010.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


■人気の死角穴の資格【東京優駿編】■
ダノンシャンティの回避で変則2冠を狙う有力馬が消え
少しだけ寂しくなったダービーですが本題と予想です。


■人気の死角■


現1番人気:ペルーサ
まぁ無敗の4連勝で皐月賞2着馬と超良血馬を降しての参戦なんで
強いって言えば強いんでしょうけど
穴を挙げるなら藤沢厩舎の青葉賞馬は、ダービーで2着しか来れないってとこ
ですかねぇ
それでも2着には、入れるのだから
【評価○】

現2番人気:ヴィクトワールピサ
こちらは、ペルーサと人気を分け合ってる皐月賞馬で
今週いろいろ記載してきたラジオNIKKEI杯の勝ち馬です。
ここまでくると本命なんでしょうけど
今回騎乗する岩田騎手といえば昨年あれだけ強い勝ち方を皐月賞で
したアンライバルドがダービーで惨敗。
まぁ馬が違うので今年もかっていえばそんなことないのでしょうが
実力・実績ともにNo.1とみて
【評価◎】

現3番人気:ヒルノダムール
ダノンシャンティ回避で3番人気に浮上してきました。
ここ最近で負けた馬がペルーサとヴィクトワールピサしかおらず
若駒Sでは、プリンシパルSを圧勝したルーラーシップを敗っての
勝利なのだから当然の人気だろう。
東京経験もあるし問題なさそうだが人気になりすぎると一発ってとこが・・・
【評価△】

現4番人気:ルーラーシップ
プリンシパルSを勝利してダービーチケットを手に入れての出走だが
この馬は、それほどでもないメンバーだと強いんだけどメンバー揃うと
いまいちになっちゃうんですよねぇ
騎手も代わる代わるで不安は、多いです。
【評価無印】

現5番人気:ローズキングダム
2歳チャンピオンも年明けが3着4着とパッとしない内容。
先日より記載した通りラジオNIKKEI杯>朝日FSの比較となると
【評価無印】



■穴の資格■

現6番人気:アリゼオ
ほんとは、無印にする予定だったんですが今日の府中の芝で内馬場が
予想以上に残っていたので
【評価△】

現11番人気:コスモファントム
ラジオNIKKEI組は、外せないのと今回が叩き2戦目で狙えそうな1頭とみて
【評価△】

現7番人気:エイシンフラッシュ
エイシンなんで(^^;)成績も悪くないですしね。
【評価△】

現9番人気:レーヴドリアン
末脚が府中と合うなら一発あるかもあと1枠なので・・・。
【評価△】

現10番人気:トゥザグローリー
私のPOG馬なんで・・・。
【評価△裏◎】



■白の予想■


◎ヴィクトワールピサ
○ペルーサ
△ヒルノダムール
△アリゼオ
△コスモファントム
△エイシンフラッシュ
△レーヴドリアン
△トゥザグローリー



尚上記予想は、白独自のものですのでご参考程度でお願いします。m(。。m)m(_ _m)
来週は、安田記念です。


以上!!

スポンサーサイト

■人気の死角穴の資格【東京優駿編】■
でわ本日は、いくつかのポイントを挙げたいと思います。



1:【前4走までに2桁着順があった馬】
これは、昨年のロジユニヴァース・リーチザクラウンにものの見事に打ち崩された
データですが泥んこ不良馬場のうえなんで皐月賞であそこまで惨敗したのか理解の
範疇を超えてるので今年もこのデータは、使います。
<該当馬>
4サンディエゴシチー・10トーセンアレス・11ハンソデバンド・16シャイン
以上4頭が該当。

2:【年明け皐月賞以外で着外が2度以上ある馬】
<該当馬>
4サンディエゴシチー・10トーセンアレス・13ゲシュタルト・15メイショウウズシオ
16シャインの5頭が該当。

3:【皐月賞9着以内馬を除くトライアル3着以下】
<該当馬>
今年トライアル3着以下での出走馬は、なし。

4:【キャリア5戦以上の年明け馬】
<該当馬>
5コスモファントム・16シャインの2頭
コスモファントムに関しては、2歳時未勝利に時間がかかったのと年明けは、まだ1戦しか
していないとこで該当から外してもいいと思われます。

5:【皐月賞9着内馬を除く2000m未連対馬】
<該当馬>
4サンディエゴシチー・10トーセンアレス・11ハンソデバンド・16シャイン
17トゥザグローリーの5頭が該当。
だがトゥザグローリーに関しては、デビュー2戦目に芝2200mを経験してるので
問題ない1頭だと思います。

6:【キャリア10戦以上の重賞未勝利馬】
<該当馬>
今年は、該当馬なし。

7:【皐月賞7着以下からのダービー直行馬】
こちらも1と同様昨年打ち崩されたデータだがもちろんこちらもデータとしては、掲載します。
<該当馬>
4サンディエゴシチー・10トーセンアレス・11ハンソデバンド・16シャイン
の4頭が該当。

8:【1勝馬】
<該当馬>
5コスモファントム(芝・ダあわせて2勝)・10トーセンアレス(ダート3勝芝未勝利)
で該当ではないが割引は、必要。

9:【初勝利から2勝目まで4戦以上かかった馬(皐月賞馬以外)】
<該当馬>
13ゲシュタルト・15メイショウウズシオの
2頭が該当。

10:【今年4戦以上出して未勝利】
<該当馬>
今年の該当は、なし。

11:【芝2200m以上未勝利で皐月賞未出走馬】
<該当馬>
3ルーラーシップ・5コスモファントム・15メイショウウズシオ・18ダノンシャンティ
の4頭だがダノンシャンティは、ディープスカイが同じ内容で勝利しているので非該当で
いいかも。ちなみにキングカメハメハは、同じ内容でもすみれS芝2200mを勝っていました。

12:【芝連対率50%以下】
<該当馬>
10:トーセンアレス・14リルダヴァル・15メイショウウズシオ
の3頭が該当。

13:【前々走、前走5着以下(皐月賞なら7着以下)】
<該当馬>
2レーヴドリアン・3ルーラーシップ・4サンディエゴシチー・10トーセンアレス
11ハンソデバンド・13ゲシュタルト・16シャイン
の7頭が該当。

14:【トライアル組は、勝ってなんぼ2着以下の連対実績は、無し。】
<該当馬>
17トゥザグローリー
1頭が該当。
まぁ京都新聞杯も含めるなら
5コスモファントム・2レーヴドリアン・15メイショウウズシオもこのデータでいうなら
着ても3着まで。

とこの14の項目全てで1度も名前が挙がらなかったのが
1エイシンフラッシュ
6アリゼオ
7ヴィクトワールピサ
8ローズキングダム
9ペルーサ
12ヒルノダムール

6頭に次点
18ダノンシャンティ
の1頭となりました。
まぁ皐月賞1着~5着まで+ペルーサってのは、必然っちゃ必然ですよね。
これに前日記載したラジオNIKKEI杯2歳組+青葉賞と合わせると。

7ヴィクトワールピサ
9ペルーサ
12ヒルノダムール

しか残らないことになります。
また青葉賞組を消しちゃうと
7ヴィクトワールピサ
12ヒルノダムール

の2頭+次点のダノンシャンティ
になっちゃいますね。。

まぁこんな簡単に決まるかどうかは、分かりませんがデータ上は、こんな感じになってます。


明日は、本題と予想です。
以上!!





■人気の死角穴の資格【東京優駿編】■
枠順かくて~!
ダービー枠


■人気の死角穴の資格【東京優駿編】■
ダービーでーた

上図は、NIKKEI杯2歳S組と朝日FS組及びその他有力馬の着順とその後のレース結果を載せた図です。
これだけ見るといかにラジオNIKKEI杯2歳S組の強さが目立つかとわかり易い図です。

朝日FS上位馬は、ラN杯組に完敗。
そして朝日FS上位組でダービー出走は、ローズキングダム1頭だけ。

その他有力馬にしても
皐月賞
ヴィクトワールピサ・ヒルノダムール>エイシンフラッシュ・アリゼオ・リルダヴァル・ゲシュタルト・レーヴドリアン・ハンソデバンドとなり
毎日杯
ダノンシャンティ>リルダヴァル・ルーラーシップ
NHKマイルC
ダノンシャンティ>リルダヴァル
若駒S
ヒルノダムール>ルーラーシップ
となり弥生賞にいたっては、勝ったヴィクトワールピサ以外で出走するのは、ダートのOP勝って
賞金が足りてるトーセンアレスだけ・・・。


2着の成績も
共同通信杯
ハンソデバンド>ダノンシャンティだが休養明けとはいえハンソデバンドは、皐月賞シンガリ負けに
対してダノンシャンティは、毎日杯・NHKマイルCを連勝。
京都新聞杯
ゲシュタルト>コスモファントム>レーヴドリアン
皐月賞7着・9着馬に挟まれての2着だがコスモファントムは、ラN杯からの長期休養明けで
勝ったゲシュタルトとわずか0.2差なら全く問題なしです。
そもそも皐月賞でヴィクトワールピサ・ヒルノダムールに負けてるわけなのでね。
問題は、
若葉S
ペルーサ>ヒルノダムールなわけだが勝ったペルーサは、わざと皐月賞出走せず青葉賞をきっちり勝利し
ダービーへと狙い通りの展開。
負けたヒルノダムールも皐月賞2着とどちらも好成績。


こう見ると青葉賞のレベルが非常に高いと先週のオークスのような
クラッシック馬-トライアル馬→トライアル2着馬なんて結果も。。

またトライアルのレベルが低いと
ラN杯組が掲示板独占みたいな結果もあるかもしれません。

が競馬は、何が起こるかわからないのは、いつものこと。

枠順確定後もっと煮詰めていきたいと思います。


以上!!


■人気の死角穴の資格【東京優駿編】■
でわ毎度のランキングボードからです。
今回は、ちょーっと・・・
まぁご覧ください。。


ダービーRB

SSランクは、GⅠ馬2頭に無敗のペルーサ1頭。
そしてSランクですがとんでもなく比較の難しい8頭になってしまいました。。
なんとか絞らないととんでもない数になってしまうので
次回は、登録馬同士を比較をしたいと思います。
でも今年のダービーは、面白そうですね。。雨降らないで良でってことを願うばかりです。


以上!!


■人気の死角穴の資格【オークス編】回顧■
全着順です。


1着:アパパネ 蛯名 正義
1着:サンテミリオン 横山 典弘

3着:アグネスワルツ 柴田 善臣
4着:アニメイトバイオ 後藤 浩輝
5着:オウケンサクラ 安藤 勝己

6着アプリコットフィズ7着ブルーミングアレー8着モーニングフェイス
9着タガノエリザベート10着ギンナボナンザ11着シンメイフジ
12着トレノエンジェル13着プリンセスメモリー14着エーシンリターンズ
15着コスモネモシン16着ステラリード17着ショウリュウムーン
18着ニーマルオトメ



GⅠ史上初の同着ですか。。
アパパネは、サンテミリオンを終始マークする格好で先頭に立ったアグンネスワルツを
かわすと一騎打ちの叩き合いで見所ありましたね。
ニーマルオトメの暴走で3着に残ったアグネスワルツは、いい位置で競馬ができたって感じです。
ショウリュウムーンは、どうしちゃったんですかねぇ4コーナーでアグネスワルツの後ろにいながら
結果は、ブービー負けの惨敗。まぁこれで見限らずに秋もしっかり見てみたいと思います。
私の本命モーニングフェイスは、アパパネやサンテミリオンと同じような位置にいたんですが
直線馬込みの内に入り伸びを欠いての8着でした。
シンメイフジは、コース・距離で今後は、取捨を決めたいと思います(^^;)



【白の予想結果】


◎モーニングフェイス:8着
○アパパネ:1着
▲シンメイフジ:11着
△アニメイトバイオ:4着
△エーシンリターンズ:14着
△コスモネモシン:15着
△ショウリュウムーン17着


この予想でアパパネの1着だけでは、どうにもならんですな QrzQrzQrz


さぁいよいよダービーです。


以上!!


■人気の死角穴の資格【オークス編】■
本題の前に1番人気ショウリュウムーンですか・・・。
桜花賞一度とまって最後一番伸びてたのと
雨予報にキンカメx母父ダンスインザダークがプラスされてるからですかねぇ。
もっと人気が偏るとみて前日記載した03’パターンを予想しましたが
意外と割れました。サンテミリオンあんま人気ないし。。;
こーなると03’より06’が近いかも。。
まぁ基準は、難しいですが本題です。


【人気の死角】

現1番人気:ショウリュウムーン
なーんかアパパネの距離不安やアプリコットフィズに前走先着したことで
押し上げられた1番人気っぽいですが
この感じが08’1番人気になったリトルアマポーラっぽくてイヤーな感じがします。
そして今年春のGⅠで1番人気が6勝1敗の中唯一負けたのが同馬に騎乗する
内田博幸騎手ということ・・・不安だ。
とわいえ雨ならキンカメ産駒は、外せないとこなので
【評価△】

現2番人気:アパパネ
本来ならこっちが1番人気になって当たり前の2冠馬。
府中も2戦2勝で重も2-1-0-0、距離も父の血がカバーしてると思います。
調教もいい感じで不安は、この春同一騎手のGⅠ2勝がないということだけ
【評価○】

現3番人気:アプリコットフィズ
こちらも府中2戦2勝だが重が弱冠アパパネに劣るくらいで遜色ないんだけど
乗り替わった四位騎手が今回テン乗りで元々が蛯名騎手の馬でクイーンCを
勝ったのも蛯名騎手なら手の内知ってる蛯名騎手に分があるとみました。
また桜花賞でアパパネらに差されオウケンサクラに粘られ捕らえられなかった
ところに力の差を感じました。
【評価無印】

現4番人気:オウケンサクラ
今回安藤勝己騎手がどう乗るかがポイントになりそうな1頭ですが
逃げれば同系馬のアグネスワルツとやりあわなければならにし
差しならそれ以上の差し馬と真っ向勝負しなければならないという
最も展開上厳しい馬だろう。
安藤勝己騎手急性胃炎で土曜お休みしただけに騎手の体調にも不安。
【評価無印】

現5番人気:サンテミリオン
フラワーCで敗れた為に桜花賞に出れなかった有力馬の1頭。
なのだが強い相手と闘って勝ってないという弱みがある。
フラワーCにしても桜花賞に出走したオウケンサクラ・コスモネモシンに敗れている。
府中・重馬場が得意な馬が桜花賞出走組にいる以上それより上に見ることは、できない。
補足だが97’以降昨年までオークスで関東馬が2頭以上来たことがないというデータもあり
アパパネを推した以上同馬をあげるのは、きつい。
【評価無印】



【穴の資格】

現12番人気:モーニングフェイス
最近は、あまりない忘れな草賞組ですがこの馬新馬戦でちぎられたとはいえ
ローズキングダム・ヴィクトワールピサとやりあって3着。
6着とはいえ福寿草特別でレーヴドリアン・ミッキードリームとやったりと
牡馬の重賞級の馬たちと走り力をつけてきての挑戦。
重の経験は、ないが父スペシャルウィーク母父サドラーの血統なら2400mは、全く問題ないだろう。
1発に大期待して
【評価◎】

現10番人気:コスモネモシン
今年の府中春のGⅠ2戦して2戦とも1枠が連対している。
オークスは、逃げ馬不要のため1枠でもこちらに資格ありとみます。
【評価△】

現11番人気:アニメイトバイオ
桜花賞で大敗した1回だけでこの人気は、狙いの1頭。
今年のクラッシックは、3着に11番人気が入るという結果から。(まだ決定では、ないですが・・・)
【評価△】

現9番人気:エーシンリターンズ
エーシンですからf(^^;)福永騎手がオークス男ってのも後押しして
【評価△】

現6番人気:シンメイフジ
阪神JF・桜花賞と厚い印を打ちことごとく裏切られてきたが
私は、強く推した馬が3度まで信じるというのが心情(全く別路線とかなら考えますが)
なのとやはり桜花賞唯一の33秒台上がり最速は、見限れないので
【評価▲】




■白の予想■


◎モーニングフェイス
○アパパネ
▲シンメイフジ
△ショウリュウムーン
△コスモネモシン
△エーシンリターンズ
△アニメイトバイオ



尚上記予想は、白独自のものですのでご参考程度でお願いしますm(。。mm(_ _m

来週は、いよいよ日本ダービー東京優駿です。


以上!!


■人気の死角穴の資格【オークス編】■
オークスデータ
上記掲載図は、00’以降に桜花賞で1着~5着もしくは、1着~4着に入着した馬が
全てオークスへ出走した時の人気と着順のデータです。
赤文字の馬は、オークスで1番人気になった馬の着順です。
01’04’09’は、オークスで圧倒的人気になった馬がいた年ですが勝利できたのは、
昨年のブエナビスタ1頭のみ。
03’08’は、桜花賞・オークス共に荒れた年です。
01’レディパステル/06’カワカミプリンセスが別路線から勝利した年。


今年桜花賞掲示板組は、
1着:アパパネ
2着:オウケンサクラ
3着:エーシンリターンズ
4着:ショウリュウウムーン
5着:アプリコットフィズ

まぁなんとなく似てるのは、人気を2分して片方が敗れた03’ですかね。
となると2着目に経験浅くして重賞を勝利し桜花賞で大敗した馬を探すとか
が面白そう。
また上記のケースでオークスで3着以内全滅という年はないので
どれかは、来るってことですね。
03’だとスティルインラブは、チューリップ賞2着⇒桜花賞1着⇒オークス1着なので
アパパネがチューリップ賞2着⇒桜花賞1着⇒オークス???
どうなるでしょう?


以上!!


■人気の死角穴の資格【オークス編】■
枠順かくてーい!!
オークス枠
前回RBで記載したSS・Sランクで今年のGⅠジョッキー3人て書きましたが
よく見りゃ全員勝ってたんですねぇf(^^;)f(^^;)f(^^;)
アパパネ:蛯名騎手⇒アパパネ:桜花賞
オウケンサクラ:安藤勝騎手⇒ダノンシャンティ:NHKマイルC
サンテミリオン:横山典騎手⇒ブエナビスタ:ヴィクトリアM
アプリコットフィズ:四位騎手⇒キンシャサノキセキ:高松宮記念
人気馬全滅か???
なにわともあれモーニングフェイス出走できました(^^)v


以上!!


■人気の死角穴の資格【オークス編】■
まずは、ここをクリッククリック

オークス

見ての通りオークス3着までは、ピンクだらけ。。
過去20年60頭中45頭が桜花賞経由。
残り15頭中5頭がフローラSで出走権を獲得した馬でスイートピーSからは、2頭。
忘れな草から5頭いるが近7年は、輩出されておらず
4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)からも2頭いるが97’以降いない。
残り1頭は、チュリーップ賞から優勝したエアグルーヴだがこれは、特殊でしょう。
いずれにしろ桜花賞に出てるということがオークス上位入着への近道だろう。

次に桜花賞連対馬のオークスでの成績だが
1着馬【3-4-5-5】で不出走3頭。勝率18%連対率41%複勝率71%
2着馬【4-3-1-9】で不出走3頭。勝率24%連対率41%複勝率47%
勝率/連対率は、同じ位だが複勝率で1着馬にかなり分があるようだ。
さて今年は、???



以上!!





■人気の死角穴の資格【オークス編】■
でわ今週もランキングボードからです。
オークス

前日でも記載した通り今年の春のGⅠは、1番人気が強いが騎手は、バラバラということは
お話ししましたが、今回SS・Sランクに据えた4頭中3頭の騎乗騎手がすでにGⅠ勝ちと
いままで通りの展開なら1番人気が勝って春GⅠ2勝目の騎手になりそうだが
1番人気が敗れた場合は、SS・Sからは、1頭しかいません。
私的に今現在面白い存在は、抽選対象になってしまってるモーニングフェイスですが
なんとか滑りこんでほしいです。


以上!!


■人気の死角穴の資格【ヴィクトリアマイル編】回顧■
全着順】


1着:ブエナビスタ 横山 典弘
2着:ヒカルアマランサス 内田 博幸
3着:ニシノブルームーン 北村 宏司
4着:レッドディザイア 四位 洋文
5着ブロードストリート 藤田 伸二

6着ミクロコスモス7着ワンカラット8着ブラボーデイジー
9着プロヴィナージュ10着アイアムカミノマゴ11着コロンバスサークル
12着ウェディングフジコ13着ラドラーダ14着シセイカグヤ
15着ベストロケーション16着ヤマニンエマイユ17着アルコセニョーラ
18着ムードインディゴ


まずブエナビスタですが後ろからでしたねぇ。
早い流れについていかずじっくり前をみてゴール前きっちり
2着ヒカルアマランサスを差し切る正攻法での優勝でした。
ギリギリだったとはいえやっぱり牝馬限定なら負けられませんしね。
それにしても1着~9着までのタイム差0.2ってしかも3着~7着は、
タイム差無し。その中に私の推したワンカラットもいたんで1・2着が
当たってただけに非常にくやしぃ結果でした。
ベストロケーションが控えてくれればもう少しブラボーデイジーにも
チャンスあったかもしれません。。
まぁあの流れで前と中団のゴール前での争い
ブエナは、ともかく他の馬に力差がないのがはっきりした1戦でした。


■白の予想結果■

◎ブエナビスタ:1着
○ウェディングフジコ:12着
▲プロヴィナージュ:9着
△ヒカルアマランサス:2着
△ワンカラット:7着
△ブラボーデイジー8着
△ラドラーダ:13着


次回は、オークスです。
ここまで7戦して1番人気が負けたのは、天皇賞春のフォゲッタブル1頭。
6頭の1番人気が春のGⅠを制しているが騎手は、全てバラバラで
ヒモが難しいという内容。
おそらく1番人気は、2冠馬アパパネだろう。
さて1番人気アパパネは、勝ってクラッシク3冠王手をかけられるか???
蛯名騎手は、春のGⅠ初の2勝目を奪取できるか???


そして次々週は、いよいよ東京優駿<日本ダービー>です。
武豊騎手がダービー騎乗断念で引き続き岩田騎手が騎乗決定。
弥生賞・皐月賞を制し1冠目を獲ったヴィクトワールピサ:岩田康誠
無敗で青葉賞を制しダービーへ臨むペルーサ:横山典弘
変則王道路線の毎日杯・NHKマイルを制したダノンシャンティ:安藤勝己
たった1枚の切符を手に入れた良血ルーラーシップ:四位洋文
人気では、この4頭が分け合いそうな感じですが伏兵にも
皐月賞2着馬:ヒルノダムール:藤田伸二
同3着馬:エーシンフラッシュ:内田博幸
京都新聞杯を制して再度大舞台へ臨むゲシュタルト:池添謙一
2歳チャンピオンのローズキングダム:小牧太
青葉賞2着で切符を手にした良血トゥザグローリー:???
NHKマイルで人気を分け合ったサンライズプリンスは、屈腱炎でダービー断念。



以上!!

■人気の死角穴の資格【ヴィクトリアマイル編】■
でわ本題ですが、今回もこれといった逃げ馬不在のレースで前4走で逃げたり4角先頭の馬が
4走前の芝1200mで逃げたシセイカグヤ唯1頭。
そのシセイカグヤもその後3連勝した3戦が追込み競馬とスタイルが一変している。
おそらくブラボーデイジーが押し出される格好になり後ろからウェディングフジコと
プロヴィナージュ、内の利でベストロケーションが前を形勢する形でその後ろに
ブエナビスタがお・そ・ら・くいるだろう???
後は、ほとんど追込み馬なので前半のペース次第でブエナビスタを牽制するようなら
完全前残りもあるかも。
でわ


【人気の死角】


現1番人気:ブエナビスタ
死角・・・ないです。。;)(゜0゜;
スローな流れってこともあんまり考えられないけど
騎手の位置取りさえしっかりしてれば
牡馬相手にGⅠ2着・GⅡ1着・海外GⅠ2着と
多少の疲労が残っていたとしても国内の牝馬限定GⅠなら
まず負ける要素は、皆無かと思います。
負ける可能性があるなら超ハイペースについて行って
後ろからもの凄い脚(先週のダノンシャンティみたいな馬)に
差されるかスローで早目先頭に立たず前に32秒台~33秒台前半
の上がりで押切られるかだけだろう。
なのでヤネの判断が1番で怖いのは、負けて当たり前の1発勝負を
仕掛けることのできる騎手だろう。
【評価:◎】

現2番人気:レッドディザイア
不安要素があるならこっち。。
海外帰りで疲労が残っているのかいつもならレース前に一杯に調教する
馬が今回は、軽め。
私的にもこの馬は、ブエナビスタよりも超距離向きに見えるので高速馬場の
マイル戦は、危険に見えます。走り出すのをこの後と見て
【評価:無印】

現3番人気:ラドラーダ
東京適正とマイルの成績でこの人気なのだろうが
連勝で一気にOPへ駆け上がり重賞挑戦が6着と大敗。
ここが底ならそこまでの馬なのだろうが一応タイムも上がりも水準は、超えてるので
【評価:△】

現4番人気:ブロードストリート
前4走全てに先着された馬が今回出走しているのにこの人気は、秋華賞で不利があって
2着来たってのが人気の要因だと思われるが
実際不利の原因になったブエナビスタの方にとっても予期せぬ出来事の中勝った
レッドディザイアにハナ差2着なんだから評価は、むしろブエナの方が上。
1発ある騎手の1人ではあるが今回
【評価:無印】

現5番人気:アイアムカミノマゴ
昨年暮れから力をつけてOP/重賞と連勝してきた1頭でレースレベルだけなら
ラドラーダより上だがマイル戦だとパンチが足りなくなる1頭。
今回騎乗が松岡騎手なら東京コースでもう1回とも思いたいとこだけど
あまり東上しない秋山騎手のままということで今回
【評価:無印】

【穴の資格】


現12番人気:ウェディングフジコ
一番いい位置で競馬ができそうな1頭でこの成績でこの人気は、美味しすぎる1頭。
前々日の記述でも充分残れる1頭だろう。
【評価:○】

現7番人気プロヴィナージュ
前走は、惜しい2着で重賞勝利を逃したがその前2走が重賞クラスの牡馬相手に
健闘して来た馬。東京新聞杯の脚再現ならこのメンバーでも通用するとみました。
【評価:▲】

あとは、
現8番人気:ヒカルアマランサス
前走負けすぎ感は、あるが条件は、いいので
【評価:△】
現9番人気:ブラボーデイジー
昨年と同じローテーションで挑戦してきたが2年連続連対は、ウオッカしかいなく
その他は、全て掲示板に載った翌年は、大敗する結果なのだが
○打ったウェディングフジコに必ず先着しているというとこから
【評価△】

現14番人気:ワンカラット
これは、データとかなんか関係なく
キラリと光る何かを感じたので
【評価△】


◆白の予想◆


ブエナビスタ
ウェディングフジコ
プロヴィナージュ
ラドラーダ
ヒカルアマランサス
ブラボーデイジー
ワンカラット



ブエナ鉄板なら1着付けで○以下2・3着付け。
ラドラーダ以外なら少しは、付くと思うので馬連or馬単もね。。



尚上記予想は、白独自のものですのでご参考程度にお願いしますm(_ _mm(。。m

来週は、牝馬クラッシク2冠目樫の女王決定戦オークス(優駿牝馬)です。

以上!!


追記:今回馬券組合せ表のリンクを追加しました。点数など確認したい方は、そちらを
利用してみてください1発ショートカットなのですぐ調べられるはずです。






■人気の死角穴の資格【ヴィクトリアマイル編】■
枠順かくて~!!

V枠


■人気の死角穴の資格【ヴィクトリアマイル編】■
◆過去4回しか例のない当レース、データとかを当てはめていくのはまだまだ先の
ような気もしますが・・・
なにも書かないわけには、いかんので搾り出して書きたいと思います。


1:桜花賞上位馬優勢

06’ダンスインザムード:桜花賞1着⇒1着
06’エアメサイア:桜花賞4着⇒2着
07’コイウタ:桜花賞3着⇒1着
07’アサヒライジング:桜花賞4着⇒2着
07’デアリングハート:3着⇒3着
08’ウオッカ:桜花賞2着⇒2着
09’ウオッカ:桜花賞2着⇒1着
-------------------------------------------------------------------
今年の桜花賞上位入着馬は、09’桜花賞のみで
1着:ブエナビスタ
2着:レッドディザイア
4着:ワンカラット
3頭だけ。

2:東京経験とマイル連対2回以上。
(エイジアンウインズは、芝連対100%ショウナンラノビアは、マイル2戦2勝)
(ブラボーデイジーは、1800m未満での出走なしで4勝+重賞馬。)
-------------------------------------------------------------------
ウエディングフジコ
ニシノブルームーン
ヒカルアマランサス
ブエナビスタ
ブロードストリート
ミクロコスモス
ラドラーダ
レッドディザイア

8頭が該当。

3:芝3勝以上でマイル持ちタイム1.34.0以内。

ウエディングフジコ:1.33.0
ヒカルアマランサス:1.34.0
ブエナビスタ:1.34.0
ブラボーデイジー:1.33.6
ヤマニンエマイユ:1.33.4
ラドラーダ:1.33.1
6頭が該当。

4:重賞連対必須(例外09’3着ショウナラノビア)

コロンバスサークル
シセイカグヤ
ミクロコスモス
ヤマニンエマイユ
ラドラーダ
5頭が否該当。(但しラドラーダは、1600m戦5戦3勝2着2回と連対パーフェクト)

5:連続出場した馬の成績。

デアリングハート06’6着⇒07’3着              
ディアデラノビア06’3着⇒07’6着        
コスモマーベラス06’4着⇒07’15着                                
アグネスラズベリ06’5着⇒07’11着
-----------------------------------------------------
ブルーメンブラッド07’8着⇒08’3着
ジョリーダンス07’5着⇒08’7着
-----------------------------------------------------
ウオッカ08’2着⇒09’1着
ジョリーダンス08’7着⇒09’5着
カワカミプリンセス08’10着⇒09’8着
アルコセニョーラ08’18着⇒09’14着
ヤマニンメルベイユ08’4着⇒09’15着
-----------------------------------------------------
ブラボーデイジー09’2着⇒???
ヤマニンエマイユ09’7着⇒???
ムードインディゴ09’11着⇒???
アルコセニョーラ09’14着⇒???

6:血統
12頭中9頭がヘイローの血が入るSS血統
あとは、ギムレット産駒のウオッカ2回と
フレンチデピュティ産駒のショウナンラノビア。

今年ヘイローの血が入っているのは、

アイアムカミノマゴ父フジキセキ
アルコセニョーラ父ステイゴールド
ウェディングフジコ父フジキセキ
ウエスタンビーナス母父SS
コロンバスサークル母父SS
シセイカグヤ父ネオユニヴァース
ヒカルアマランサス父アグネスタキオン
ブエナビスタ父スペシャルウィーク
ブラボーデイジー母父SS
ブロードストリート父アグネスタキオン
プロヴィナージュ母父SS
ミクロコスモス父ネオユニヴァース
ムードインディゴ父ダンスインザダーク



※とりあえず上だけ見るとブエナビスタ鉄板ですかねぇ・・・。
ただ問題があるとすれば騎手のポジション獲りですかね
有馬で先行策で新境地開拓し京都記念では同じパターンで
天皇賞春優勝馬ジャガーメイルを抑えての勝利。
しかし
ドバイでは、ペリエ騎手が追込みに戻して2着。。
どうする横山 典弘!!


他に注目できるのは、ウェディングフジコヒカルアマランサスラドラーダ
の3頭。

個人的に注目してるのは、東京新聞杯で牡馬相手に8着だったとはいえ
先行して1.32.8(33.9)で走り次走もマイルのOP牡馬相手に3着した
プロヴィナージュです。



以上!!






■人気の死角穴の資格【ヴィクトリアマイル編】■
でわ今週もランキングボードからです。

ヴィクトリアM

一昨年にダイワスカーレットがそして昨年ウオッカがターフを去り昨年のクラッシック3冠を制した2頭
が中心となりそうな今年の牝馬戦線。
しかし国内牝馬路線は、両馬が海外挑戦のため愛知杯・京都/中山/福島/阪神牝馬Sと勝ち馬は、バラバラ。
さらに全てが人気通りにいかない難しさ。
今回ブエナビスタとレッドディザイアが海外帰りのためSSは、ないですが実際ブエナビスタは、年明け
京都記念を勝利しグランプリの借りをドリームジャーニーに返しドバイでも2着の健闘なのでSS付けても
よかったんですけどね。。
あとは、離れたAに8頭さらに離れたDに6頭。抽選組みにしても通過したとこで
ラドラーダとミクロコスモスくらいがランキング的にもCがいいとこですね。
穴を狙うなら思い切ってS2頭中片方を思いきって切るか1・3着固定で2着に穴をつけるくらいですかねぇ。


以上!!


■人気の死角穴の資格【NHKマイルC編】回顧■
でわ全着順です。

1着:ダノンシャンティ 安藤勝己
2着:ダイワバーバリアン 蛯名正義
3着:リルダヴァル 福永祐一
4着:サンライズプリンス 横山典弘
5着:キョウエイアシュラ 吉田豊

6着エーシンホワイティ7着レト8着モンテフジサン
9着エイシンアポロン10着シゲルモトナリ11着コスモセンサー
12着キングレオポルド13着サウンドバリアー14着トシギャングスター
15着ガルボ16着パドトロワ17着ニシノメイゲツ
18着エーシンダックマン


まずは、ダノンシャンティですがとんでもなく強いですな・・・。
1.31.4のレコードって・・・共同通信杯でもいい脚使ってましたが
まさかここまでとわ(゜д゜;ノ)ノ
ダービーで反動がでなければヴィクトワールピサ・ペルーサの大きなライバルに
なりそうですね。
2着ダーワバーバリアンは、まぁ勝った馬があれですのでこの2着は、上出来ですかねぇ。
しかし相手なりによく走る馬ですなぁ2・3着と4・5着の見極めが馬券的には、
非常に困る馬です。f(^_^;)f(^_^;)f(^_^;)
3着リルダヴァル、皐月賞最先着馬ということでは、力を出せた3着なのかなぁ・・・。
とわいえダービー出走は、非常に厳しくなりました。
秋は、中距離路線で天皇賞秋やマイルCSで見てみたい3歳の1頭です。
4着サンライズプリンス・・・何故控えようとしないでついて行く・・・。
中山で早目押切れたぁからって府中でできるかってゆーの・・・。
(出来るとおもっちゃったんだろーなー彼は、ワシャー (彡`дฺ´)彡●~*)
とわいえNZT優勝馬1番人気にならず負ける説は、今年も健在でした。。
5着キョウエイアシュラは、人気薄で掲示板に載り頑張った1頭ですな。
NZTでもいい脚使って上位に入ってましたし早い流れになりそうな短中で
今後見てみたい1頭です。
そして注目してた今年一押しのエイシン・エーシン3頭出しですが・・・Qrz
3頭出ててここで崩れるとは、しかも一番人気なかたホワイティが6着最先着・・・。
しかし1度崩れたくらいでやめませんよ~。出てくれば人気なくても△には必ずします。<(`ヘ´)>


◆白の予想結果◆

【表】
◎ダノンシャンティ:1着
○レト:7着
▲エイシンアポロン:9着
△リルダヴァル:3着
△ガルボ:15着
△エーシンホワイティ:6着
△エーシンダックマン:18着
△シゲルモトナリ:10着
△サウンドバリアー:13着

【裏】
◎ダノンシャンティ:1着
○サンライズプリンス:4着
△レト:7着
△エイシンアポロン:9着
△リルダヴァル:3着
△ガルボ:15着
△エーシンホワイティ:6着
△エーシンダックマン:18着
△シゲルモトナリ:10着
△サウンドバリアー:13着


※裏は、表の予想どーりサンライズプリンスが沈み撃沈・・・裏なんていらんでしたな。。
まぁ表も裏もダイワバーバリアン無印で撃沈
ここにきて1⇒5⇒3番人気できまるとわ最終プレミアも荒れなかったし競馬ってムズカシィ~!!
今週は、ヴィクトリアマイル、海外帰りのあの2頭で決まってガッチガチなのかなぁ・・・。


以上!!


■人気の死角穴の資格【NHKマイルカップ編】■
では、本題です。

今回は、2通りの予想をご紹介したいと思います。



【人気の死角】


◆現1番人気:サンライズプリンス
まーーーだ分からないですが1番人気になりましたなぁ。
で死角ですがまずNZT優勝馬にNHKマイルを制した馬がいないということ。
今回破格のタイムで優勝してますがスプリングSを使いNZTで激走と
明らかに本番よりその時その時をピークに作ってきているっぽいので
今回見えない疲労やニ走ボケが出ないとも限らない。
現在絶好調横山典弘騎手。勝つなら圧勝だろうが負けるならどこにもいないかも。
表【無印】裏【○】

◆現2番人気:ダノンシャンティ
NHKマイルといえば毎日杯⇒本番⇒ダービーと変則2冠が近年のトレンド
昨年2番人気だったアイアンルックがわずか3戦のキャリアで参戦のため
人気の毎日杯馬が敗れる結果となりましたが今年同馬は、キャリア4戦と
1戦足りない計算。
しかし今回は、内容の濃い4戦で新馬のあとがラジオNIKKEI杯でヴィクトワールピサ(皐月賞馬)
コスモファントム(京都新聞杯2着)には、敗れたものの0.2差で皐月賞2着馬ヒルノダムールに先着。
つづく共同通信杯では、スプリングSでサンライズプリンスに圧勝したアリゼオに競り勝って2着。
前走は、皐月賞最先着馬(6着)リルダヴァルやプリンシパルSで圧勝したルーラーシップに勝っての
優勝と濃い内容です。
条件としてる毎日杯0.2差つけての勝利もクリアしており、
東京コースも経験済みで騎乗する安藤勝己騎手も府中のマイルは、キングカメハメハやダイワメジャー
で優勝したり昨年も安田記念で10番人気のファリダッドを3着にもってくる程得意としてる距離。
表【評価◎】裏【評価◎】

現3番人気:リルダヴァル
ダービー出す為にはどうしてもここで結果を出さないとってことなのだろうが
トライアルを出さずこっちに来たのは、気になるところ。
とはいえ毎日杯⇒皐月賞⇒本番は、間隔が短すぎる、能力は、上位のものだろうが
勝てない皐月賞直行組。
表【評価△】裏【評価△】

現4番人気:エイシンアポロン
皐月賞では、マイルじゃないかと紹介したんですが皐月賞がちょっと負けすぎかなぁって
ただ今年一押しのエイシンとエーシンなので
表【評価▲】裏【評価△】

【穴の資格】


現9番人気:レト
アーリントンC8人気3着・NZT7人気3着でこの人気は、なさすぎ。
気楽に走れて飛び込んでくるようなNZT組は、こんな馬。
表【○】裏【△】

現14番人気:エーシンダックマン
現17番人気:エーシンホワイティ
なんといってもエーシンなんで・・・。
表裏【△】

現13番人気:シゲルモトナリ
現6番人気:ガルボ
これは、サイン馬券です。
表裏【評価△】



【白の予想】表

◎ダノンシャンティ
○レト
▲エイシンアポロン
△リルダヴァル
△エーシンダックマン
△エーシンホワイティ
△シゲルモトナリ
△ガルボ



【白の予想】裏

◎ダノンシャンティ
○サンライズプリンス
△レト
△エイシンアポロン
△リルダヴァル
△エーシンダックマン
△エーシンホワイティ
△シゲルモトナリ
△ガルボ



尚上記予想は、白独自のものですのでご参考程度にお願いしますm(_ _mm(。。m
来週は、古馬マイル女王決定戦ヴィクトリアマイルです。
海外帰りのブエナビスタ・レッドディザイアに対抗できる馬はいるのか???


以上!!


■人気の死角穴の資格【NHKマイルC編】■
本題の前に下図をご覧ください。
NHKD.jpg

1番上は、本日行われたダービートライアルの京都新聞杯とプリンシパルSですが
NHKマイルで比較できそうな馬が両方とも出走していたので掲載しました。
京都新聞杯で勝利したゲシュタルトは、スプリングSでサンライズプリンスに先着しており
プリンシパルSで勝利したルーラーシップは、毎日杯でダノンシャンティに敗れている。
他の比較は、図中央右を参照。


次に図中央左ですが毎日杯を勝利してNHKMを勝利した馬の毎日杯での着差とNZTから
NHKMで3着以内に来た馬の着差です。
今年の毎日杯は、ザタイキの落馬で比較しづらいがダノンシャンティは、0.2差つけての
勝利なのでまぁ合格でしょう。
もっと比較しづらいのがNZTで今年の勝ちTIMEが1.32.9とこのTIMEが昨年からの
中山OP以上のTIMEの中で京成杯AHにつぐ2番目に早いTIMEだったということ
レベルが高いといえばとんでもないTIMEなのだがこれだけ激走した次走が心配になるのも
不安の1つだ。


最後に一番下だがこれは、過去のNHKMにおける人気のバラつきを表にしたもので
今回は、図赤文字の本命対抗パターンになるといえよう。
そしてこれに一番似ているのが赤太文字04’で毎日杯馬vsNZT馬の2強対決。
04’で勝ったのは、毎日杯馬キングカメハメハ。
じゃぁ今年は???



本題は、このあとすぐ!!

■人気の死角穴の資格【NHKマイルC編】■
今日は、2つほどデータを紹介。
NHKM.jpg

まず緑図左ですが
NZT優勝馬のNHKマイルにおける成績です。
過去10年NZTが中山に変更なってからですが優勝馬が勝利したのは、ゼロ。
唯一連対したのが03’エイシンツルギザン5番人気のみ。
10年の成績は、【0-1-0-8-不】と結果は、・・・。
そして何故かNZT優勝馬は、NHKマイルCで1番人気にならない。
今年の優勝馬は、サンライズプリンス。
データ上初の1番人気となり勝利することはできるか?


次は、緑図右ですがこちらはNZTを敗戦しつつ本番で複勝圏に飛び込んできた馬ですが
傾向としては、そこそこ人気薄で上位に来たか人気で大敗しない程度の着順だったかで
今年該当しそうなのが
3着レト:7人気
5着ニシノメイゲツ:3人気
7着コスモセンサー:4人気


最後に橙色図の皐月賞からのステップですが
過去14年で6頭が複勝圏に来ているがこちらもNZT優勝馬同様勝利した馬がいない。
皐月賞出走馬が2・3着にきて優勝した馬は、
97’シーキングザパール:NZT優勝(東京1400mGⅡの為参考外)
02’テレグノシス:スプリングS2着
04’キングカメハメハ:毎日杯優勝
07’ピンクカメオ:桜花賞14着
08’ディープスカイ:毎日杯優勝
と皐月賞出走組が来る時の優勝馬は、間隔をあけてきた馬がほとんどということだ。


でわそれをふまえてまとめると
NZT出走組が来る場合は、皐月賞や毎日杯よりレベルが高いと考えられ
NZTのレベルが低いと思われる場合は、皐月賞出走馬より間隔をあけて出走してきた馬が
強いということ。
いちがいに全部が全部とは言い切れませんが
ここ3年が全て別路線で決まっておりその3年前までが同レースで1・2着で決まっている。
今年は、???



以上!!

■人気の死角穴の資格【NHKマイルC編】■
今日は、少し過去のデータを紹介。

NHKデータ

まず最初は、いきなり14頭もいる・・・着順不問なだけに絞りずらいですなぁ。。
まぁ唯一ファルコン直行のトシギャングスターは、割引できるくらいですかね。

ステップは、まぁどのレースがレベル高かったかを探すとして。

毎日杯のダノンシャンティがポイントになりそうです。


以上!!


■人気の死角穴の資格【NHKマイルC編】■
でわ今週もランキングボードからです。
NHKRB.jpg

07’までピクリとも当たらなかった当レースも08’本命ブラックシェル09’本命ジョーカプチーノ
と馬連だけですが連続的中と調子のいいレース。
この調子で今年もといきたいところです。。
でわランキングですが【SS】は1頭、毎日杯を制して出走のダノンシャンティ。
【S】にNZT馬のサンライズプリンスと皐月賞からのエイシンアポロンの2頭。
しかし池添騎手前回は騎乗馬回避で乗替りとはいえこの馬も降ろされちゃいましたな・・・。
ドリームジャーニーももしかしてもしかすると・・・。
【A】は、3頭レト・リルダヴァル・エーシンダックマン。
B以下は、上記ボード参照ということで今日は、ここまで!!
ランキング振り分けは、その後のデータ等で御紹介します。


以上!!


■人気の死角穴の資格【天皇賞春編】回顧■
全着順です。

1着:ジャガーメイル C.ウィリアムズ
2着:マイネルキッツ 松岡 正海
3着:メイショウドンタク 武 幸四郎
4着:ナムラクレセント 小牧 太
5着:エアジパング 岩田 康誠

6着フォゲッタブル7着ジャミール8着フィールドベアー
9着トウカイトリック10着メイショウベルーガ11着テイエムアンコール
12着メインストリーム13着ゴールデンメイン14着ミッキーペトラ
15着ベルウッドローツェ16着カネトシソレイユ17着エアシェイディ
18着(11着降着)トーセンクラウン


まずは、ジャガーメイルの初重賞初GⅠ勝利おめでとうでしょう。
マイネルキッツが積極先行策で直線で先頭に立ちそのまま押切るかに
見えたとこに4角6番手までじっと我慢して直線できっちり差しきった。
ウィリアムズ騎手の騎乗の上手さが際立ったレースでした。
これだけ毎回騎手の替わる馬がGⅠ獲るのも珍しいですが・・・。
で私の◎と○ですが全く伸びずの6着/10着 Qrz
伸びずもありましたが結果は、完全前残り勝ったジャガーメイルが
4角6番手マイネルキッツが先頭3着に残った大穴メイショウドンタクが
3番手、ペースが1000m区切りで1.00.7⇒1.03.9⇒1.01.1と中間できっちり
息が入るペースでなおかつ中団にいたトーセンクラウンが外にふくらみ
降着になるほど後続の邪魔しては後ろからの追撃は、どうにもならないですな。
とわいえフォゲッタブルは、スタート前にゲートで大暴れして出遅れ・・・
メイショウベルーガは、流れに乗れず不完全燃焼で大敗・・・
今週は、当たる予想を出来るよう頑張ります。
天皇賞の予想に乗ってくれた方々すんませんでしたm(_ _mm(。。m


【白の予想結果】

◎メイショウベルーガ 10着
○フォゲッタブル 6着
▲トウカイトリック 9着
△ジャガーメイル 1着
△マイネルキッツ 2着
△ジャミール 7着
△ゴールデンメイン 13着
△エアジパング 5着
△ナムラクレセント 4着
△トーセンクラウン 11位入選18着降着
●~*エアシェイディ 17着

まぁこんだけ手広くして全く当たらない印の付けかたです。
3200mもあって1度も応援の絶叫が出来なかったのは、初めてかも・・・Qrz


今週は、NHKマイルCです。


以上!!


■人気の死角穴の資格【天皇賞春編】■
でわ予想です。


【人気の死角】
現1番人気:フォゲッタブル
昨年は、秋に菊花賞2着しステイヤーズSで重賞初勝利し有馬記念を4着。
年明けもダイヤモンドSを圧勝し堂々の1番人気の超良血。
しかし勝った重賞2つのレースレベルが低いのと間隔が空いたのが気になる。
ダイヤモンドS直行からの3着内は、1度もない。
ここまできたら無印にしたいとこだが出来の良さと菊花賞出走組が同馬含め
今年は、2頭。菊花賞出走組は、過去20年間で3着までに入らなかった年が
ない。また今年の春のGⅠ1番人気が4戦4勝と圧倒的なので
【評価○】

現2番人気:ジャガーメイル
GⅡ・GⅢでは、常に上位にいる馬がGⅠになるといまいち、
京都記念では、グランプリ1・2着馬の1角を崩し2着となったが
こちらも間隔が空いてる上にレースレベルが平凡。
騎手もテン乗りのウィリアムズ騎手、割引要素満載で
【評価△】

現3番人気:マイネルキッツ
昨年12番人気で穴をあけたディフェンディングチャンピオン
年明けAJCCは、4着に敗れるも次走日経賞では、59㌔で勝利
昨年と同じパターンで連覇かと思わせるが連覇や2年連続3着以内の
条件として全ての馬が2年とも人気だったということ。
昨年は、内枠を上手く利用してノーマークの勝利、今年は、人気だが17番枠
当然マークもされるだろう。
【評価△】

現4番人気:ジャミール
条件戦から初重賞挑戦で2着しての人気だろうが今回は、斤量2㌔増
鞍乗の腕次第ということで
【評価△】

現5番人気:トウカイトリック
今年に入って2500m以上OP以上の3戦を2-0-0-1と8歳とは、思えない成績
負けたダイヤモンドSも57.5㌔で内不利あって0.4差の5着と善戦。
フォゲッタブルが阪神大賞典に出ていたら評価も変わってくるんだろうけど
1発ならこの馬で、映画トリックももうすぐ公開するしねf(^^;)f(^^;)f(^^;)
【評価▲】



【穴の資格】

現6番人気:メイショウベルーガ
年明け日経新春杯では、牡馬相手に過去10年でNo.1タイムでの勝利。
次走阪神大賞典では、勝った馬と斤量差1㌔、2着馬とは、斤量差無しで
クビ差の3着。今回は、両馬との斤量差2㌔なら当然チャンスは、あるはず。
末は、しっかりしているし明日は、良だろうから57年ぶりの牝馬Vに期待して
【評価◎】

以下
現8番人気:エアシェイディ
有馬記念3着・日経賞2着と普通なら人気になってもおかしくない1頭だが
天皇賞は、初ということでのこの人気なのだろう。
いつもなら中山から東京という流れを断ち切ってこっちに来るのだから
陣営もチャンスがあると見ての出走なのだろう。
【評価●~*】

現15番人気:エアジパング
こちらは、前日の記事より。
【評価△】
現9人気:ナムラクレセント
菊花賞出走組のもう1頭。フォゲッタブルが消えるならこっち???
それともどっちも???
【評価△】
現18人気ゴールデンメイン
現10人気トーセンクラウン
【評価△】



今回は、菊花賞出走組+3歳クラッシックに出走していない2500m以上の距離経験があり
重賞連対実績のある馬を選抜した為多少印が多いです。
消してもいい△馬は、何頭かいましたが来たらイヤだし◎が6番人気なので
手広くしました。
ほんとは、いろいろ書いていたんですが2度の接続切れで全て消えるという悲劇が2回も
起きた為本題だけとしました。
m(_ _mm(。。mm(_ _mm(。。m



◆白の予想◆


◎メイショウベルーガ
○フォゲッタブル
▲トウカイトリック
△ジャガーメイル
△マイネルキッツ
△ジャミール
△エアジパング
△ナムラクレセント
△トーセンクラウン
△ゴールデンメイン
●~*エアシェイディ



尚上記は、白独自の予想ですのでご参考程度でお願いします。m(_ _mm(。。m



来週は、3歳マイル王決定戦NHKマイルCです。
ノッテル横山典騎手のサンライズプリンスは、?
皐月予想時マイラーと私が言ったエイシンアポロンは、?
トレンドの毎日杯勝利からくるダノンシャンティは、?


以上!!



Design&Material By MOMO'S FACTORY