このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

05<<  2010.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


■人気の死角穴の資格【宝塚記念編】■
それでは、本題です。


■人気の死角■


1番人気:ブエナビスタ【3.0】
デビューから国内レースでは13回連続の1番人気になってるブエナビスタですが
過去10年で牝馬が勝利したのは05’スイープトウショウ1頭だけその前だと
98’エアグルーヴ・96’97’ダンスパートナーの3着と93’イクノディクタス2着
と20年で牝馬は、1勝2着1回3着3回で全ての馬に言えるのが前走からの斤量
が減っているか同斤量ということである。
また前3回までの牝馬スイープトウショウ・エアグルーヴ・97’のダンスパートナー
は、年明け3戦目が宝塚記念だったということで今回のブエナビスタは、
斤量が前走からプラス1㌔で初の56㌔年明け4戦目ときついデータだ。
また馬場が悪いのも初で言い訳材料は、そこらじゅうに転がってる。
得意のコースですが全て牝馬限定の1600m戦ということで今回の評価は、難しい。
【評価▲】

2番人気:ジャガーメイル【5.0】
今年天皇賞春で念願のGⅠ馬になった馬だが天皇賞春を制して宝塚記念を連勝した馬は、
ビワハヤヒデ・テイエムオペラオー・ヒシミラクル・ディープインパクトの4頭だけ
これから見えるのがテイエムオペラオーが2着だった以外は、全てが菊花賞馬という
ことである。
今回のジャガーメイルは、菊花賞には、出ておらず血統的にも父方のゼダーン系は、
あまりこの菊花賞では、活躍が目立たない。
ムラの多い走りと京都記念で斤量2㌔差でブエナビスタに敗れたのも微妙。
阪神未経験で重賞勝利が前走の天皇賞だけというのもあり今回は、
【評価無印】

3番人気:アーネストリー【6.2】
上がり馬の王道ともいえる金鯱賞を制して出走してきた1頭ですが
GⅠ連対なく2200mも連対なしと微妙だが勝ちまでというと難しいのかもしれないが
ここで好走して今後のステップになるならというとこと重経験は、ないが稍重なら
複勝率100%ってとこで
【評価○】

4番人気:ロジユニヴァース【7.8】
意外と逃げ馬でも通用するのがこの宝塚記念で単騎でいけるならこの馬場も味方して
怖い1頭。年明け日経賞では、1番人気に推されながら6着に敗れる内容でしたが
天皇賞2着馬のマイネルキッツに0.3差ならまだ見限れない要素は、ある。
そして菊花賞馬が目立つ中実は、ダービー好走馬もこのレースでは、よく走ってる。
逃げ・先行に強い安藤勝己騎手に替りダービー再現なら1発もあるかも。
【重馬場限定で評価◎】【良なら△】

5番人気:ドリームジャーニー【8.1】
昨年の覇者が今回5番人気。ここ20年でも連覇した馬は、皆無というところと
やはり年明け2戦の3着が響いてるのと昨年のディープスカイにかぶって見えるって
ところがこの人気なんですかねぇ。。。
でもそのディープスカイにしても3着には来たのでそれほど悲観することもないと思います。
ただこの馬阪神1800~2200なら現役無敵でしょう。
前走59㌔で3着したあと天皇賞に出なかったこともプラス。
ただし馬場が良で平均ペース以上が理想なので現時点では、当日の条件がネックになりそう。
【良なら文句なく◎】【重以下なら無印も・・・】

■穴の資格■


前日記載した項目が2つ以下で人気がないのが

6番人気:フォゲッタブル
今回出走して来た中で唯一の菊花賞連対馬。
該当項目ゼロでローテーションが昨年のモンテクリスエスにそっくりと前日で記載しましたが
ここだけが違うところで、前走で力を出し切ってなく余力を残した負けなら巻き返しがあっても
おかしくないだろう。ただここ最近が完全にステイヤー馬化してしまっているので
乗り替った蛯名騎手の乗り方次第ってところもありますが重馬場は、得意としてるので面白い
1頭だと思います。
【評価△】

8番人気:アクシオン
前走の金鯱賞での大敗がこの人気になってるのだろうがこの馬藤田騎手との相性がめっぽういい。
6回の騎乗で4-1-0-1と初の着外は、前走だけで相手は勿論1枚も2枚も上になるわけだが
調子や展開次第では、なにが起こるか分からないわけだし血統的にも父方ヘイローで母方にノーザンダンサーと
宝塚記念では理想の血統。
【評価△】

11番人気:ナムラクレセント
鳴尾記念3着かと思えば日経賞8着になってみたり天皇賞4着かと思えば金鯱賞8着となんとも
つかみ所のない1頭で、もしかしたらとしか思えない1頭なので切りづらいのですが
血統的に昨年のドリームジャーニーに似た血統ですが母方のパーソロンにノーザンテーストの血が入ってこない
のがネックです。また重賞勝ちがないのもマイナス。
【評価△】

あとは、母方にリファールの血が入ってる重賞勝ちのない15番人気マイネルアンサー
父方にリファールの血が入っていて重賞勝ちのある9番人気ナカヤマフェスタ
あと良なら3度目の正直、適距離で勝負できる14番人気メイショウベルーガに穴の資格の△

■白の予想■


重馬場以下

◎ロジユニヴァース
○アーネストリー
▲ブエナビスタ
△フォゲッタブル
△アクシオン
△ナムラクレセント
△マイネルアンサー
△ナカヤマフェスタ


稍重以上

◎ドリームジャーニー
○アーネストリー
▲ブエナビスタ
△ロジユニヴァース
△フォゲッタブル
△アクシオン
△ナムラクレセント
△マイネルアンサー
△ナカヤマフェスタ
△メイショウベルーガ



尚上記予想は、白独自のものですのでご参考程度でお願いします。m(。。m)m(_ _m)
今回の記載でしばらくお休みに入ります。次回は、秋のGⅠシリーズからとなります。
まぁ新馬戦も始まりましたので夏の間は、注目馬をさがしつつぼちぼち更新したいと
思います。


以上!!

スポンサーサイト

■人気の死角穴の資格【宝塚記念編】■
まず下からご覧ください。
takaraduka1.jpg

ご覧いただいたのは昨年のデータに09’分をプラスαしたものです。
昨年は、項目該当ゼロのモンテクリスエスが撃沈でしたが
項目該当2つで例外ありの2頭と項目該当1つ例外なしの3頭で決まりました。
項目該当3つ以上は、割引というか消しってことですね。
消えたのが
イコピコ・ネヴァブション・スマートギア・セイウンワンダー
マイネルアンサー・トップカミング・メイショウベルーガ
マキハタサイボーグ・ナカヤマフェスタの9頭が消えました。

残ったのが
該当ゼロのブエナビスタ・フォゲッタブル・ドリームジャーニー
該当1つのロジユニヴァース・アクシオン
該当2つのアーネストリー・ナムラクレセント・ジャガーメイル

8頭残りましたが昨年と比較して妙に似ているのを挙げると
項目ゼロのフォゲッタブルが昨年唯一項目ゼロだったモンテクリスエスと
同じでダイヤモンドSを勝ち天皇賞春で負けての宝塚参戦同馬は、人気を
落として9着と敗れた。今回フォゲッタブルも人気を落としている。


項目該当1つで来たのが昨年3着のディープスカイでこれは、芝2200mで
連対がなかったという項目1つでこれに当てはまるのがアクシオンと
ロジユニヴァースの2頭で現時点での人気とダービー馬ということで
ロジユニヴァースが似ている。アクシオンは、ローテが似ているが出走した
レースの格がディープスカイより低い。


項目該当2つで例外に当てはまらなかった2頭が昨年の1・2着、
今年は、アーネストリーで昨年のサクラメガワンダーによく似ている。
あとの2頭は、本題で紹介します。


以上!!


■人気の死角穴の資格【宝塚記念編】■
文字色いよいよ春のラスト宝塚記念です。
レッドディザイア・テイエムアンコール・アドマイヤオーラ回避で
弱冠格が下がった気がしますが上位は、きっちり残ったのでまぁ
まずまずのメンバー構成でしょう。
今回は、いろいろあるので1つにまとめちゃいました。


■宝塚記念ランキングボード■
恒例のランキングボードですがSランクは、牝馬ながらブエナビスタ1頭のみです。
Aには、上昇馬アーネストリーと前年度覇者ドリームジャーニーの2頭ですが
アーネストリーは、GⅠ組との対戦がないので比較対象に挙げずらいですが
宝塚記念では、昇り馬の初GⅠ制覇が目立つのでここに据えました。
ドリームジャーニーは、年明けの臨戦過程が昨年のディープスカイに似ているので
ブエナよりワンランク下げました。
フォゲッタブル・ジャガーメイルは、距離短縮に不安ありでさらにワンランク下げました。


■Type別馬分け■
前回紹介した宝塚記念の勝ち馬タイプを今回の出走馬に当てはめたものです。

■過去5年歴代血統表■
こちらは、過去5年間の1~3着までに入った馬の血統表です。
目立つのは、勿論SS血統の入ったHalo系ですが他にもNorthernDancer系や
母方に入ったLyphard系などにも注目ですね。

■2010出走馬血統表■
ほとんどがHalo系の出走馬で難解ですがLyphardの血が入ってる2頭が穴として
面白そうですね。またNorthernDancer系に属する3頭の中でもヴァイスリージェント系の
メイショウベルーガは、ポジション次第で面白そうです。


でわ枠順確定です。
 ➷➷➷➷➷

■宝塚記念枠順■
※7枠15番コパノジングー号は、出走取消となりました。


以上!!


宝塚記念特集3
前日記載した歴代宝塚記念馬をタイプ別に分けたものです。



宝塚記念初GⅠType
宝塚記念が初GⅠとなった馬のタイプです。
経由の仕方は、さまざまですが意外に多いタイプです。

菊花賞好走Type
菊花賞を好走してきたタイプです。
このタイプで多いのが4歳で制覇するということですが、勿論5・6歳にもいます。

前年度有馬記念好走Type
前の年に有馬記念で好走したタイプです。
菊花賞や将来有望視タイプに被る馬が多いです。

前走安田記念好走Type
前走で安田記念を好走して出走してきた馬のタイプです。
全て2着好走というのが特徴です。中距離で強豪相手でも好走でき距離延びていいタイプ。

将来有望視Type
デビュー当初から期待されてきて常に人気の中心にいるタイプです。
牝馬の場合は、牝馬限定で常に人気であればOK。

突発的最強Type
それなりにやそこそこだった馬が年が明けいきなり強くなり
よほどのことがない限り負けないというタイプです。



こんな感じに振り分けましたがあくまで白の独断意見ですので違うと思う方も
いるかもしれません。その辺の考え方は、自由ですのでどう見るかはあなた次第です。



以上!

宝塚記念特集2
今回は、歴代の宝塚記念馬を紹介します。
どんなタイプが宝塚記念を制するのかの勉強です。
しっかり見て今回の出走馬に当てはめてみるのも1つです。
まず1枚目


歴代宝塚記念馬1
2枚目

歴代宝塚記念馬2

■宝塚記念特集■
宝塚記念まで間が結構あるので今回は、
じっくりいろいろとやっていきたいと思います。
下記は、出走予定馬となっております。馬名をクリックするとデータが
見れますのでこっそりご覧ください(’’


ブエナビスタ

ドリームジャーニー

レッドディザイア

ロジユニヴァース

フォゲッタブル

ジャガーメイル

イコピコ

メイショウベルーガ

ネヴァブション

スマートギア

テイエムアンコール

アクシオン

アーネストリー

ナカヤマフェスタ

アドマイヤオーラ

ナムラクレセント

トップカミング

コパノジングー

今回紹介した18頭は、あくまで出走予定馬です。
今後出走をとりやめたり、上記で紹介していない馬の
出走がある場合もあるのでご了承ください┏●"
今後も時間があればなにかといろいろやってきますので
よかったらご覧くださいな。


以上!!












宝塚記念ファン投票TOP100
宝塚記念ファン投票TOP100
下線太字は、出走予定馬です。
あなたのお気に入りは、TOP100に入ってるでしょうか???
そして出走するのでしょうか???
リーチザクラウン骨折、エアシェイディは、捻挫で未定、オウケンブルースリも未定です。。


■人気の死角穴の資格【安田記念編】回顧■
でわ全着順です。

1着ショウワモダン 後藤浩輝
2着スーパーホーネット 藤岡祐介
3着スマイルジャック 三浦皇成
4着トライアンフマーチ 内田博幸
5着サイトウィナー C.ウィリアムズ


6着ファリダット7着キャプテントゥーレ8着マルカフェニックス
9着フェローシップ10着エーシンフォワード11着ビューティーフラッシュ
12着アブソルート13着サンカルロ14着リーチザクラウン
15着ライブコンサート16着グロリアスノア17着マルカシェンク
18着マイネルファルケ

前半のペース早すぎです。
半マイル33.6で普通より少し早いだけに見えがちですが
最初の200mが12.0と極端に遅いこれは、エーシンとマイネルと
リーチが牽制しあったのが原因だろうがエーシンがハナにこだわった
後の200m~600mのラップが10.7-10.9と最初のラップを大きく上回る
タイムで行ったため脚が残らず結果マイネルの上がり3F37.1
リーチ35.8エーシン36.3とかかっての惨敗その後ろにつけてたキャプテントゥーレ
でさえ35.3の7着が精一杯で結果後方から大外回って追い込んだ
ショウワモダンが1着で中団から前が仕掛ける中一歩遅らせて直線に
賭けたスーパーホーネットとスマイルジャックが2・3着という結果でした。
1着の馬を本命にしても展開を読みきれず対抗と単穴が潰れてしまっては、
馬券は当たらないですね。
それでも何人かは、この予想をみてショウワモダンからいって当たった方も
いらっしゃったようでよかったやらうらやましぃ(本音)やらです。
できればコメントで買い目教えてほしいくらいです。
まぁそんな弱音は、置いといて(・・ノ)ノ~~【ポイッ】
宝塚こそ著者も読者もみーーーんなで当てて笑顔で春のGⅠを締めくくりたいと
思います。

◆白の予想結果◆


◎ショウワモダン1着
○キャプテントゥーレ7着
▲エーシンフォワード10着
△マイネルファルケ18着
△リーチザクラウン14着
△スマイルジャック3着
△アブソリュート12着
△フェローシップ9着



以上!!

■人気の死角穴の資格【安田記念編】■
今回は、ちょっと早いですが本題と予想です。


■人気の死角■2010/6/5 14:00現在

現1番人気:リーチザクラウン【4.6】
2番人気以降オッズを引き離した感じがしますがそれでも4.6倍は、
母方の血統的にもマイラーなのかもしれませんがフェブラリーS惨敗後を
激走となると府中のマイルは、ちときついかとも思います。
1番枠でマイネルファルケにハナを譲らなければ行く可能性もあり
逃げとなるとさらに割引も必要かも。
【評価△】

現2番人気:ショウワモダン【7.9】
今年注目の中山記念上位組の1頭。
勝ったトーセンクラウンは、次走日経賞を3着で2着だったテイエムアンコールは、
次走で大阪杯を勝利するという活躍。残念ながら両馬天皇賞春では、
結果が出ませんでしたが今回のショウワモダンの相手は、G1馬が日本馬では、
キャプテントゥーレ1頭だけ、海外馬も2頭いるが相手は、さほどきついメンバー
では、ないだろう。前走で59㌔を背負いながらOPを快勝した勢いと後藤騎手の
結婚祝いを初G1を飾ったこの安田記念でということで!!
【評価◎】

現3番人気:キャプテントゥーレ【8.0】
上でも紹介しましたが国内唯一のG1ホースで惨敗も目立つがマイルでは、大崩れしない
1頭で前走1・2着馬相手に1㌔重い中0.2差の3着なら今回は、その上を
いってもおかしくないと思います。
絶好調横山典弘騎手に乗替りで先週の悔しさをここにぶつけるか!!
【評価○】

現4番人気:トライアンフマーチ【8.9】
走るんだか走らないんだかよく分からない1頭でここ4戦の重賞成績が
2-4-10-2着と同じような距離でムラの多い結果。
またここ3戦全て敗れている馬が出走してるということで
先週ダービージョッキーになった内田博幸騎手だがこのムラ駆けの馬をどう扱うかが
ポイントになりそう。
【評価無印】

現5番人気:スマイルジャック【9.3】
こちらは、4番人気より評価が高いことが多いのに着順は、下で勝ったOPは、
タイムも上がりも平凡な内容。
唯一のすくいは、1枠引いたというところで
【評価△】

■穴の資格■


現9番人気:エーシンフォワード【15.1】
なんてったってエーシンですから。。
明らかに1200・1400よりは1600向き、意外と来てる外枠で今回も勿論狙いのエーシンです。
【評価▲】

現12番人気:マイネルファルケ【24.5】
なんでこんなに人気がないの分からない昨年のマイルCS2着馬。
その後も大崩れなく前2走は、連続2着。
ほんとなんでこんなに人気ないんですかねぇ。。
【評価△】

現10番人気:フェローシップ【16.5】
海外馬の中では、成績一番いいのでとりあえず気になった1頭です。
【評価△】

現13番人気:アブソリュート
キャプテントゥーレ同様元POG馬なんで・・・。
【評価△】



◆白の予想◆


◎ショウワモダン
○キャプテントゥーレ
▲エーシンフォワード
△マイネルファルケ
△リーリザクラウン
△スマイルジャック
△フェローシップ
△アブソリュート



尚上記予想は、白独自のものですのでご参考程度でお願いします。m(。。m)m(_ _m)
次回は、ラスト春のグランプリ宝塚記念です。
なんとかここで弾みを付けて春最終戦を向かえ飾りたいところです。


以上!!


■人気の死角穴の資格【安田記念編】■
枠順確定。
安田枠

yasuda.jpg
昨年久しぶりに1番人気が勝った安田記念だが過去を見るとまぁバラバラですね。
1番人気で連対できたのは、2倍以下の2頭だけ
今年は、そんな馬は、いなそうなので荒れる要素は、満載ですね。
消去法でどうなる予想でもないので次回でいきなり本題にいこうと
思います。
上図は、こんな感じでしたって参考程度です。
気になるところは、京王杯を勝って安田を制したのは、アサクサデンエン1頭だけってことです。
今年は、サンクスノートで不出走です。


以上!!




■人気の死角穴の資格【安田記念編】■
遅れました┏●"
いやー迷ったまよった。。今回のランキングボードは、
非常に困難でした。


安田記念RB

まぁ見てのとーりのこの成績。。ボード上で2勝しているのは、ショウワモダンだけ。
そのショウワモダンも2勝中1勝は、OP、ただ59㌔での勝利ということもあり
今回唯一のSランクとしました。
マイラーズCを勝利したリーチザクラウンをCランクにしたのは、まだ信用薄いからって
こともあります。
以下は、ご覧の通りです。


以上!!


■人気の死角穴の資格【東京優駿編回顧】■
でわ全着順からです。


1着:エイシンフラッシュ 内田博幸
2着:ローズキングダム 後藤浩輝
3着:ヴィクトワールピサ 岩田康誠
4着:ゲシュタルト 池添謙一
5着:ルーラーシップ 四位洋文

6着ペルーサ7着トゥザグローリー8着サンディエゴシチー
9着ヒルノダムール10着コスモファントム11着レーヴドリアン
12着リルダヴァル13着アリゼオ14着メイショウウズシオ
15着トーセンアレス16着ハンソデバンド17着シャイン
出走取消ダノンシャンティ


まさかエイシンフラッシュとは、・・・
1枠だったしイチオシのエイシンだったとはいえまさか勝つまでいくとは思いませんでした。
それにしてもあの強いと思われた2強ヴィクトワールピサ3着・ペルーサ6着は、・・・
ペルーサは、明らかな出遅れで前半平均ペースの中、脚を使い4コーナーでは、マクリぎみに
上がっていって直線で脚がもちませんでしたなぁ。完全な騎乗ミスでしょう。多分。。
ヴィクトワールピサは、いいとこいたわりに弥生賞・皐月賞で見せた直線の末脚を見ることなく
かろうじて3着死守ってとこでした。。
で勝ったエイシンフラッシュ2着のローズキングダムは、ヴィクトワールピサと同じような
位置取りで直線で2頭が抜け出すという結果でした。
本来ならその2頭が人気2頭のはずなんですけどねぇ・・・。
競馬は、なにがあるか分からないと言いますがここまで難しいダービーも珍しいと私は、思いました。
前にいった馬と後ろにいた馬が総崩れで中団待機が1~3着独占でしたから
前残り競馬とか直線追い込み競馬になると読んだ方たちにとっては、きっつい内容だったと思います。

■白の予想結果■
◎ヴィクトワールピサ:3着
○ペルーサ:6着
△ヒルノダムール:9着
△コスモファントム:10着
△エイシンフラッシュ:1着
△レーヴドリアン:11着
△アリゼオ:13着
△トゥザグローリー:7着


無印ローズキングダムが2着で本命3着対抗6着ならどーにもならんですQrz
人気2頭を◎○にしたところで私らしくないと自分でも思いますが
まさか両方こけるとわ・・・・・・・・。
今週の安田記念は、攻めの予想でいきたいと思います。


以上!!





Design&Material By MOMO'S FACTORY