このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

05<<  2011.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


■人気の死角穴の資格【宝塚記念編】■
でわ予想ですが今回は1頭ずつ評価を簡単にしていき予想をまとめたいと思います。

☆ナムラクレセント☆
今年の阪神大賞典を制し天皇賞春では3着と健闘しましたが中日新聞杯ではトゥザグローリーに敗れ
日経新春杯ではルーラーシップ・ローズキングダムに敗れており典型的なステイヤーで距離短縮は
むしろマイナス、先行力はあるが上がり勝負になるとかなり分が悪い。
【評価 無印】

☆アーネストリー☆
昨年3番人気3着の馬も今年は伏兵扱いとかなりオッズは低いが昨年の天皇賞秋3着からぶっつけで
今年の金鯱賞を3着であれば叩き台としては充分だと思います。
1番後ろと1番前で決るレースなんて滅多にない中2番手で3着残ったんですから
その時は力負けしていたとしても今回の調子次第ではチャンスもありそう。
むしろ出遅れてあんな脚を使って疲労残りが出そうなルーラーシップの方が案外危険かも。。
【評価 △】

☆ルーラーシップ☆
良血開花でブエナと並んで人気を分け合っていますが、アーネストリーのとこで記載したように
金鯱賞で力を出し切ってガス欠までいかないであっても見えない疲労があると人気を裏切る結果も
ありそう。ダービー後休みに入り暮れの鳴尾記念で初重賞V、続く有馬記念に出走し年明けすぐに
日経新春杯で重賞2勝目、そしてドバイへ海外遠征し戻って2ヶ月後には金鯱賞Vで1ヶ月後の
明日が宝塚記念とかなり忙しい内容。
あえて今回は見送りたい馬の1頭です。騎手がコロコロ変わる馬はG1馬になりずらい。
【評価 無印】ぅ~ん冒険しすぎかぁ。。

☆エイシンフラッシュ☆
昨年のダービー馬ですがこちらも内田騎手から安藤勝己騎手へ乗り代わり、まぁ差し馬なので
同騎手にはやりやすい馬でしょう。
こちらは天皇賞春から距離短縮はプラスで2000m~2400mはベストといえるでしょう。
今年レベルの高かった2000m~2400mの重賞は日経新春杯・大阪杯・京都記念の3つだと
私は思っているのですが大阪杯出走の同馬は59㌔でタイム差なしの3着今回は狙える1頭だと思います。
【評価 ○】

☆フォゲッタブル☆
ルーラーシップのお兄ちゃんですがさすがに今回も狙える穴馬にはなりそうもありません。
目黒記念では条件戦昇給組のハートビートソングやトレイルブレイザーにも敗れての2桁着ですし
3走前にはOPでビートブラックにも完敗でしたからね。
【評価 無印】

☆アサクサキングス☆
4年前の菊花賞馬も1年3ヶ月も間隔あけてのG1出走は無理があるでしょう。
若手伸び盛りの浜中騎手起用でもしかしたら逃げ馬不在でこの馬が逃げるかもとも思ってますが
不良馬場で完全ノーマークにでもならないかぎり無理でしょう。
【評価 無印】

☆ハートビートソング☆
前走で昇級の目黒記念を初重賞挑戦で1番人気2着してますがメンバーがちょっと弱い中での2着なので
今回G1でしかも一線級のメンバーだらけだと紛れても掲示板も難しいでしょう。
運よく掲示板に載って次走ローカル重賞で人気なんてパターンが一番ありそなケースですね。
【評価 無印】

☆ブエナビスタ☆
ルーラーシップと人気を分け合ってる紅一点。
JCでアヤが附いたのかここ3戦勝ちがないが前走は騎手の騎乗馬に対しての経験値の差で負けただけ
と私は思ってますが、この馬は今やマイルより2000m以上の方が緩い流れで直線勝負できると思います。
海外帰りはルーラーシップと同様ですがまだ1戦少ない分マシだと思います。
斤量が2㌔軽いとはいえ前走より1㌔プラスが気にはなりますが敵は4歳だけだと思います。
【評価 △】

☆ローズキングダム☆
調子が良さそうな1頭なのがこの馬でウィリアムズ騎手のテンションもかなり高い。
前走の距離と馬場が原因ならこの距離はベストだと思います。
3着以内に入れなかったのは稍重だった皐月賞と前走の天皇賞春だけで良なら複勝率100%
どうやら馬場も持ちそうなので人気を落とした今が狙いの1頭かと思います。
【評価 ▲】

☆ドリームジャーニー☆
一作年の勝ち馬もいまや弟の方が目だってしまってます。
さすがに1年半勝ち星がなく連対したのが昨年のオールカマーのみでその時敗れたのがシンゲンでは
ここではさすがに推せませんね。
【評価 無印】

☆ダノンヨーヨー☆
安田記念からこのレースってパターンはちょいちょいありますが、来る馬は2000m以上での
活躍もあってのことで同馬は完全なマイラーな上その専門で2桁負けしているようでは
専門外のG1で印を打つことはできませんね。
【評価 無印】

☆シンゲン☆
最年長の8歳で昨年のJCからの年明け緒戦の7ヶ月ぶり、普通に考えるとなさそうですが
ここは穴の資格で鉄砲駆けのきくこの馬を藤田騎手がどう乗るかがおもしろそうなので
大穴でここを抑えたいと思います。
【評価 △】

☆トーセンジョーダン☆
有馬記念を逃げて5着、年明け緒戦のAJCCを勝利。
天皇賞春を回避しての参戦。使わなかったのがプラスに働くとみて穴の2番手。
【評価 △】

☆トゥザグローリー☆
天皇賞こそ変な亂ペースにはめられて前半は逃げて3コーナー手前からかわされてて3番手と
全く競馬にならない状態で度外視すれば有馬記念を3着し年明けG2を2連勝と本格化。
夏負けの兆候が出てると陣営もあまり強気なコメントは出てませんが調教はまずまずで
本来の競馬ができれば勝ち負けできると思ってます。
G1連対がないというマイナスもありますが有馬記念3着はそれに匹敵するものだと思います。
同距離の京都記念では天皇賞馬を0.3差つけて撃破してますしね。
【評価 ◎】思い入れ入れすぎぃぃぃ!

☆トレイルブレイザー☆
こちらは目黒記念でハートビートソングより人気も着順も悪いのでさらに評価は下がっちゃいますね。
【評価 無印】

☆ビートブラック☆
ローズキングダム乗り代わりでこちらに移った武豊騎手ですが。。
こちらもステイヤーっぽく2500m以上って感じです。
2走前に大阪ハンブルグC2400mを勝ってますが勝った相手が目黒記念を勝ったキングトップガン
では目黒記念組を少し上回る程度で一線級の4歳馬より一回り下がる気がします。
【評価 無印】

上記の記載から予想は

◎トゥザグローリー
○エイシンフラッシュ
▲ローズキングダム
△アーネストリー
△ブエナビスタ
△シンゲン
△トーセンジョータン
※ルーラーシップ(ブエナビスタとの組み合わせなしで)

基本有馬記念1桁着順の馬に印を打ってます。ルーラーシップも有馬記念6着なので
入れるべきなのでしょうがブエナビスタとの組み合わせなしでおそらく馬券に入れます。
3-4-14みたいなキンカメ産駒ボックスみたいなパターンとかでですね。

以上です。
尚上記予想は白独自のものですのでご参考程度でお願いします。m(。。mm(。。m
これにて春のG1シリーズ人気の死角穴の資格は終了です。
また秋のG1シリーズから始めますのでよろしくです。┏●"

スポンサーサイト

■人気の死角穴の資格【宝塚記念編】■
では今日は簡単なデータをご紹介。

【条件】

Ⅰ:阪神芝連対有り。
【非該当】シンゲン・トーセンジョーダン・トレイルブレイザー

Ⅱ:右回り3勝以上。
【非該当】シンゲン

Ⅲ:G1連対。
【該当】エイシンフラッシュ・フォゲッタブル・アサクサキングス・ブエナビスタ・ローズキングダム・ドリームジャニー・ダノンヨーヨー

Ⅳ:G3G2勝ち有り。
【非該当】ハートビートソング・トレイルブレイザー・ビートブラック

Ⅴ:2000~2400複勝率60%以上。
【該当】エイシンフラッシュ・ブエナビスタ・ローズキングダム・トーセンジョーダン・トゥザグローリー・ビートブラック

Ⅵ:2200連対有り。
【該当】ナムラクレセント・フォゲッタブル・アサクサキングス・ブエナビスタ・ドリームジャーニー・シンゲン・トーセンジョーダン・トゥザグローリー

Ⅶ:全成績複勝率50%以上。
【非該当】ナムラクレセント・フォゲッタブル・アサクサキングス・トレイルブレイザー

引っかかった馬
ナムラクレセント・アーネストリー・ルーラーシップ・ハートビートソング・シンゲン
トーセンジョーダン・トゥザグローリー・トレイルブレイザー・ビートブラック・フォゲッタブル
アサクサキングス・ドリームジャーニー・ダノンヨーヨー

全ての項目に引っかからず残ったのは

ブエナビスタ
ローズキングダム
エイシンフラッシュ


この3頭だけでした。

まぁ全てが当てはまるわけではなく例外も勿論あります。
昨年勝ったナカヤマフェスタは例外が多い1頭でしたしね。
例外で来たりする馬は年明けからの勢いをそのまま持ってこれる馬がいいと思います。

個人的には非該当項目があった馬の中ではルーラーシップ・トゥザグローリー・トーセンジョーダン
辺りは入れたいとこですが・・・前々日でルーラーシップ1.6倍ですか・・・。

以上。明日は予想です。


■人気の死角穴の資格【宝塚記念編】■
春のG1といいつつもすでにこの暑さ・・・
どんよりとした天気に高い湿度とほんと嫌ですねぇ。。
まぁそんな気持ち悪さも吹き飛ばすようなレースを期待して夏競馬に突入
してもらいたいものです。

でわ枠順です。
        
 馬番馬 名斤量騎手 
 11ナムラクレセント58和田 竜二 
 2アーネストリー58佐藤 哲三 
 23ルーラーシップ58横山 典弘 
 4エイシンフラッシュ58安藤 勝己 
 35フォゲッタブル58川田 将雅 
 6アサクサキングス58浜中 俊 
 47ハートビートソング58秋山 真一郎 
 8ブエナビスタ56岩田 康誠 
 59ローズキングダム58C.ウィリアムズ 
 10ドリームジャーニー58池添 謙一 
 611ダノンヨーヨー58北村 友一 
 12シンゲン58藤田 伸二 
 713トーセンジョーダン58N.ピンナ 
 14トゥザグローリー58福永 祐一 
 815トレイルブレイザー58小牧 太 
 16ビートブラック58武 豊 
        
昨年ブエナビスタを破り今年ドバイワールドカップで歴史的勝利を果たしたヴィクトワールピサ
天皇賞春で悲願のG1勝利を果たしたヒルノダムールは不在となりましたがなかなかの
メンバーが揃った今年の宝塚記念となりました。
注目は紅一点昨年の2着馬ブエナビスタ前走から乗り替わった岩田騎手とのコンビで優勝を狙います。

次に注目するのは前走出遅れながら勝利目前のキャプテントゥーレをきっちり差し切って
超良血の実力を見せつけたルーラーシップ、今回は横山典弘騎手とのコンビで参戦です。
1度プリンシパルSで騎乗していおりその時も勝利してるのでさほど問題はないかと思います。
ただこの馬デビューからずーっと連勝できないで1⇒2⇒1⇒5⇒1⇒5⇒1⇒6⇒1⇒6⇒1着と
なんとも変なバランスの馬なんですねぇ(。。;次はダメな番???

トゥザグローリーは福永騎手に戻り調教もまずまずに見えるんですが厩舎、騎手のテンションが
あまり上がらないコメントなんですよねぇ。。
個人的には応援対象だった2頭、キャプテントゥーレが出れないのでこちらだけとなってしまった為
頑張ってほしいところです。

ローズキングダムはウィリアムズ騎手に替って逆にテンション高めですが神戸新聞杯以来どーも
勝ちきれないというか(JCは繰り上がりで勝ってますが)ピーク落ちしてきてるのか微妙なとこですが
こちらだって良血のG1馬距離短縮で複勝圏内にはと思っているところです。

そしてダービー馬エイシンフラッシュですが今年に入って末脚炸裂すれば馬券圏内に飛んでくる
傾向で乗り替わった安藤勝己騎手の得意パターンがハマれば1発もってとこですかね。

他にも7か月ぶりの金鯱賞を3着で体制整った昨年の3着馬アーネストリーや
天皇賞春で人気の4歳馬の一角を崩したナムラクレセント
有馬記念を5着に残り年明けAJCCを快勝したトーセンジョーダン
弟が2冠を決めた一昨年の覇者ドリームジャーニー
と楽しみなメンバーです。


土日は雨かもということで雨に強いあの父親を持つ4歳ワンツースリーなんてあったり。。とちょこっと囁いてみました。
さて今年のあなたの夢は???
以上。

■人気の死角穴の資格【安田記念編】■
今回は予想だけです。
一応基準馬2頭を置いたデータを紹介しつつ予想をしたいと思います。

基準馬コスモセンサー・ショウワモダンの2頭。
これは、この2頭がダービー卿CT・マイラーズC・京王杯SCの3レース全てに
出走しているということで挙げた2頭です。

ダービー卿CTではライブコンサート1頭がこの2頭に先着。

マイラーズCではシルポート・クレバートウショウ・ダノンヨーヨー・アパパネが先着

京王杯SCではストロングリターン・シルポート・ジョーカプチーノが先着。

マイラーズCではシルポートが東京新聞杯の覇者スマイルジャックに
ダービー卿CTの覇者ライブコンサートを完封。
京王杯SCでは早い流れで上がり33.8で逃げてハナ差の2着。
今年他のマイル重賞馬2頭を破ってのマイル重賞2勝。
同系のジョーカプチーノが外枠ならロケットスタート決めれば自分の形に持ち込めるとみました。
勝ちパターンが1本なので競りかけられると危険な気もしますが前回も同馬より外枠から
抑え込んで主導権を獲ってますので問題ないでしょう。
ビューティーフラッシュには控えてもらうことを祈ります。

その他では当然メンバー、タイム共にレベルが高かったと言えるマイラーズC上位組の
ダノンヨーヨー・アパパネの2頭。クレバートウショウは京王杯SCでコスモセンサーに
敗れていますが1400mより明らかに1600m向きですのでこちらも残して。


白の予想

◎シルポート
○ダノンヨーヨー
▲アパパネ
△クレバートウショウ
△ストロングリターン
△ジョーカプチーノ
☆サンカルロ


ダノンヨーヨーとストロングリターンは末脚決まればって2頭ですね。

ジョーカプチノは、前残りの展開もあるしシルクロードSで見せた末脚もあるので
中途半端な競馬をしなければってとこですね。

アパパネ・サンカルロは府中に強い父+騎手ってことで選びました。
特にサンカルロの父シンボリクリスエス産駒と横山典弘騎手の複勝率は共に破格の35%オーバー。
アパパネも前走でブエナビスタを破った実績を持っての参戦ですからねぇ。
ちなみにシンボリクリスエス産駒はストロングリターンもです。

以上!
尚上記予想は、白独自のものですのでご参考程度でお願いします。m(。。m)m(_ _m)
次回は宝塚記念です。



Design&Material By MOMO'S FACTORY