このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

03<<  2012.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■人気の死角穴の資格<天皇賞春編>■
遅くなりましたが天皇賞(春)編です。

まずオルフェーヴルですが予想どーりの圧倒的人気ですねぇ。。
まぁ阪神大賞典のあれがあっても2着でしたからねぇ。。。
あれで敗れた馬は、まぁ勝てないでしょうね。
てゆーかまともに走られたら現役で勝てる馬は、現状皆無に近いでしょう。

やられるとするならまず届かないくらい離して逃げる馬くらいかなぁ
しかもオルフェがまくってもダメなくらい離すくらいの逃げをしないとって
くらいにですけどね。

1番人気連敗がここで止まるか!!


2番人気ウインバリアシオンですが前走日経賞ではえらい後ろから追い込んできての
2着でしたが天皇賞春にはあめっぽう強い武豊騎手。
いままでの追い込み一辺倒を覆すような騎乗をしたら実は、怖い存在ですよね。


3番人気トーセンジョーダンですが2000に強い馬ですが前走は年明け緒戦とはいえ
得意の距離で3着とちょっとジリ貧な気がしました。
加えて2500以上は、4戦して2連対そして3200は、初となると岩田騎手をもってしても
キツイか。。


4番人気ギュスターヴクライは、前走がオルフェとの初対決にしてあんなことがあったにせよ
勝ちは、勝ち。復帰後絶好調の蛯名騎手に戻り再び大金星なるか。


穴の資格で挙げたいのはナムラクレセント
7歳ですがまだまだ元気一杯阪神大賞典組のレベルの高さから3着と昨年に続き馬券圏内に
入るのもまだまだ可能かと思います。


次に挙げるのはフェイトフルウォー
毎度挙げてるネタですがセントライト記念を勝ってる馬は、このレースに強いっていうのと
完全社台というところです。
先日ダイナガリバーが亡くなりましたが同馬といえば社台初のダービー馬
追悼の意味も含めて頑張ってもらえればと思います。
ちなみにギュスターヴクライも完全社台馬です。

大穴では、前走はネコパンチがいたため本来の力を出せず敗れたケイアイドウソジン
とジャガーメイル・ユニバーサルバンクまでとしたいと思います。


【白の予想】


◎オルフェーヴル
○ギュスターヴクライ
▲ウインバリアシオン
△ナムラクレセント
△フェイトフルウォー
△ケイアイドウソジン
△ジャガーメイル
△ユニバーサルバンク



3連単フォーメーション

◎→○▲→○▲ ここが本線
◎→○▲→△5頭
◎→△5頭→○▲

計14点



以上です。
尚上記予想は白独自のものですのでご参考程度でお願いします┏●"
次回は、NHKマイルカップです。
3連勝でNZTをを制した無敗馬カレンブラックヒルにアーリントンC馬
ジャスタウェイなど次世代のマイラーを目指す馬が登場。

スポンサーサイト

■人気の死角穴の資格<皐月賞編>回顧■
まず1冠は、ゴールドシップでした。
馬も勿論強いのでしょうが内田騎手の乗り方が
今回ずば抜けてましたね。
後方待機で周りが外々回る中1頭内を上がっていき4コーナー
回った時にはすでに先頭集団に取り付き馬場のいいとこギリギリの
ラインを走り抜け後続を寄せ付けず勝利しました。
共同通信杯から直行で勝利した馬を初めてみました・・・(^^;;

2着ワールドエースですがスタート直後武騎手のマイネルロブストに
ぶつかったんですかね、あわや落馬ってとこまでいきましたから。。
あれで最後方まで下がり大外から2着なんですからやっぱ力は相当な
ものを持ってますね。
ただやっぱり勝てない福永祐一騎手。。
あとジョワド骨折ですか・・・昨年のレーヴディソールといい
なんか憑りつかれてるんですかね・・・

3着ディープブリランテは、どんな状況でも相手なりにやっぱ走りますね。
好位に付けてれば馬券圏内にきっちり入ってくるとこは、ディープ産駒としては
なんか珍しい気がします。

4着コスモオオゾラは、柴田大知騎手やはり乗れてるんですかね。
JG1とはいえ前日に連覇達成や穴を頭に持ってくるなどかなり
侮れない騎手になってきました。今後も楽しみな1人ですね。

5着に敗れたグランデッツァですが大外枠から後方に下げ外へ回りワーロドエースと
同じ位置から上がってきましたが5着までと
伸びては来てましたが弾けるまでにいたらなかったのは、距離ですかねぇ
姉もマイラーっぽいですしダービー出す前にNHKマイルなんて方向も
あるかもしれませんね。
もう少し期待したんですが正攻法すぎましたね。


結局終わってみれば4→2→3人気で入り先週と同じ内容(着順が変わるが)で1番人気は
またも勝てず今年のG1は始まってすでに4連敗(7着・3着・6着・5着)と
フェブラリーSはトランセンドが被りすぎたせいもあり弱冠荒れましたが意外と
荒れてないんですよね。
再来週は天皇賞春ですがこちらにも3冠獲って再審査なんて恐ろしい馬がでてきますが
再審査ではダートでとんでもないタイムを出したみたいで勿論1倍台は必至でしょう。
ここで1番人気死亡説が崩れるか?それともまた伏兵の1発があるのか?

以上です。


■人気の死角穴の資格<皐月賞編>■
牡馬クラッシック第1弾皐月賞です。
またまた土曜の雨で明日の馬場はまず回復しないだろうとのことで
予想も大変です。


今回基準になる馬はディープブリランテで共同通信杯では、ゴールドシップの2着
スプリングSではグランデッツァの2着と今回の人気2頭と闘っているとこです。
そのゴールドシップとグランデッツァは、1勝1敗。
この3頭と全くやってないのがワールドエースとなっております。


まずは、ゴールドシップですがここ20数年で共同通信杯を
勝って皐月賞に直行した馬は、非常に相性が悪い。
連対した馬は1頭もおらず3着に入った馬もフサイチホウオーと
ジャングルポケットの2頭だけで両馬共に皐月賞では1番人気だった。
ローテーション的なこともあるがよほどの実力がないとこの壁は
そうとう高いかと思います。


ワールドエースですが今回もやらかすか福永○一騎手。。
馬は相当強いかと思うんですがデビューから阪神・京都・京都・阪神と
初の長距離輸送・初コースとやはり不安があります。
前走が-8㌔なので今回も輸送で減るならちょっと強く推せないかもです。


次に人気では、ディープブリランテですがゴールドシップと違いスプリングS
を使ったのは、大きいと思います。
月1出走ですがやはり中山の経験が皐月賞では、最も重要な要素の1つだと
私は考えております。
相手なりに走れるのも強みがあると思います。


最後にグランデッツァですが
アグネスタキオン最高傑作と言われているとおりスプリングSでは、強い
レースを見せてくれました。
前走も14頭立ての大外枠と今回の枠も問題ないでしょう。
むしろ内枠で馬込みに包み込まれるよりよいかと思います。
今回のCMは、アグネスタキオン!唯一のタキオン産駒が緒戦をものにする。


※レースレベルで言えば2歳では
ラジオNIKKEI杯2歳S>朝日FS
3歳では、
スプリングS>きさらぎ賞>共同通信杯>弥生賞
とこんな感じですかね。
今年の弥生賞は、勝利したコスモオオゾラが共同通信杯5着
2着トリップがラジオNIKKEI杯4着
3着アーデントが京成杯4着と他で連に絡めておらずそこで勝利した馬が
全て出てきているということで今年の弥生賞組で買えそうなのは、
立て直してきたアダムスピークくらいですかね。

共同通信杯は、ゴールドシップが勝利しましたが出てきたのが3頭。
1・2着の2頭が抜けてるだけにそこの2頭に勝ったことのある
グランデッツァが勝利したスプリングSはやはりレベルが1つ上な気がします。


きさらぎ賞は、毎日杯を勝ったヒストリカルを抑えて勝ったワールドエース
なだけにレベルは高そうですがヤヤ重でとはいえ2.04.4はちとかかりすぎ
ですかね。


穴の資格には、先に記載しましたアダムスピーク
弥生賞ではチグハグなレース運びで8着と敗れましたが今回はきっちり立て直しての
参戦。ラジオNIKKEI杯で今回の人気馬を破ってるのはやはり侮れない1頭だと思います。

次に挙げるのはロジメジャー距離に弱冠の不安があるが騎乗する安藤勝己騎手といえば
父ダイワメジャーで活躍した1人大穴ならここかな。

あとは、トリップ・メイショウカドマツを穴で狙う。


【白の予想】

◎グランデッツァ
○ディープブリランテ
○ワールドエース
△ゴールドシップと
△アダムスピーク
△ロジメジャー
△トリップ
△メイショウカドマツ



以上です。
尚上記予想は白独自のものですのでご参考程度でお願いします┏●"
次は天皇賞春です。
オルフェーヴルはちゃんと走るのか???


■人気の死角穴の資格<桜花賞編>■
ほんとに難しい今年の桜花賞。
一応ジョワドヴィーヴルが抜けた人気になってますが
1番人気を飛ばさせたら・・・の福永騎手。
来週のワールドエースが本命なだけに今回も・・・
2番人気はジェンティルドンナとこちらはトライアル4着で
ジョワドが3着に負けたレースでさらに負けている。。
どちらもトライアルなだけに叩き台なんてこともあるが強く推すには
いたらないか。。?

そこで前にも記載したが本命パララサルー!!
アネモネ組なのでなんともいえないが1600m3連勝中の勢いでG1奪取
も可能とみて本命にします。

対抗にエピセアローム。
チューリップ賞は、出遅れながら今回の1・2番人気を抑えての2着なのに
7番人気と人気を落した今が買い!!

単穴にジェンティルドンナとトーセンベニザクラ
男馬相手に重賞を勝っているところと上2頭同様で1600m3連対している
ジェンティルドンナ。
こちらも1600m4連対4走前には、上がり33.2で勝った赤松賞と
前走は不良に泣いた感があるので巻き返しもあると読みました。

■白の予想■

◎パララサルー
○エピセアローム
▲ジェンティルドンナ
▲トーセンベニザクラ
△サウンドオブハート
△ジョワドヴィーヴル
△マイネエポナ
△メイショウスザンナ
△アイムユアーズ


ちと多いですが本命が6番人気でちょっち人気薄なのでこれくらい手広くって
とこです。
以上!来週は、皐月賞です。
ワールドエース・グランデッツァ・ゴールドシップと3つどもえとなるか???
尚上記予想は白独自のものですのでご参考程度でお願いします┏●"



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。