このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

08<<  2017.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆人気の死角穴の死角☆【ヴィクトリアマイル編】
■今回は、ヴィクトリアマイル編です。
過去3回しか行われていない為情報も少ないなぁ。
まぁいろんな角度から見ていきたいと思います。
それでわ枠順です。

ヴィクトリアM


まずは、人気の死角からですが
1番人気になりそうなウオッカですがこちら府中の鬼、マイルの鬼と
死角らしい死角が見当たらないのだが・・・あえて挙げるとするなら
前年度掲示板に載って出走してきた馬は、全て掲示板を外してる。
■ディアデラノビア06’3着⇒07’6着
■コスモマーベラス06’4着⇒07’15着
■アグネスラズベリ06’5着⇒07’11着
■ジョリーダンス07’5着⇒08’7着
連対した馬が2年連続で出走した例がないのだがこのデータは、
見逃せないですね。
またいまだ続く武豊騎手の不調、先日も押し上げられたとはいえ
1番人気ブレイクランアウトの大敗にも見られる。
今回逃げそうな馬がヤマニンメルベイユぐらいしかいないので
思い切った先行策をとるなら今までの不調を払拭できるかもしれない。


次に挙げるのがカワカミプリンセスなのだがこの馬マイルの実績が
昨年大敗したヴィクトリアマイル以外全く無いのである。
これだけでも充分消えてしまう要素が大なのだが過去3回行われた
当レースで6歳以上の複勝圏がないのである。13頭出走したが
阪神牝馬Sを制して出てきたジョリーダンスや2番人気に推された
スイープトウショウも敗れている。
ここ最近エンジンのかかりの遅いこの馬にとって府中の長い直線は、
歓迎だが、やはり2000m以上の流れが速くなりずらい距離向きの気がします。


最後にリトルアマポーラですがこちらは、タイムに問題ありでヴィクトリアマイルは、
1.34.0を切るタイムが必要なのだが当馬の持ちが1.34.3と前走で出したタイム
なのだが弱冠遅い上に7着に敗れている。(早い流れに弱いタイプかも)
また前年エリザベス女王杯を制した馬は、翌年ヴィクトリアマイルに出走した場合
3着にも入っていないところから当レースとの直結性は、なさそう。
まぁ少ないからなんともいえないですが・・・。
福永騎手がこのレース相性悪いのもマイナス要素1つです。


■次に穴の資格ですが

【※1】東京経験(3着以内)とマイル連対2回以上は、必要!
これは、荒れに荒れた07’のコイウタ・アサヒライジング・デアリングハート
3頭とも両項目をクリアしていた。
(エイジアンウインズ以外は、全馬該当。当馬は、芝連対100%)
今年これにあてはまらないのは、①・②・③・⑦・⑧・⑨・⑩・⑪・⑭・⑮・⑯・⑱
なんとこれだけで今年は、12頭消えます。


【※2】重賞連対必須(過去3年9頭ALLクリア)
今年これにあてはまらないのは、①・④・⑮・⑱
ここでわ4頭④が消えてこれで13頭。


【※3】芝3勝以上。
今年これにあてはまらないのは、①・⑦・⑩
ここは、全て被ってまだ13頭。


【※4】マイル持ちタイム1.34.0以内。
今年これにあてはまらないのは、②・③・④・⑦・⑧・⑩・⑪・⑬・⑮・⑯・⑰
ここで10頭で被ったのが8頭⑬・⑰が増えて15頭残り3頭。


【※5】4歳か5歳。
今年これにあてはまらないのは、①・⑪・⑫・⑭・⑱
ここで⑫が入ってきて残りは、2頭


【※6】前年掲示板で今年も出走。
ここでウオッカ登場⑥と⑪

該当項目4つ:①・⑪
該当項目3つ:⑦・⑩・⑮・⑱
該当項目2つ:②・③・④・⑧・⑨・⑭・⑯
該当項目1つ:⑥・⑫・⑬・⑰
ALLクリアー:⑤



1つもひっかからなかったのは、ザレマ1頭のみ。
こちらは、重賞勝ちこそないものの今年に入って大崩の無い競馬を
していて前年のTV静岡賞1600万下東京芝1800mで負けたのが
新潟大賞典を制したシンゲンに東京新聞杯を制したアブソリュートと
後の牡馬重賞馬相手に3着しているところ。
母は、中距離の重賞を輩出してるシェンクもプラス。
また鞍乗の安藤勝己騎手は、東京マイルのG1も勝っている騎手
ここは、初重賞がG1でと狙ってみたいと思います。


該当項目1つで比重の低さから挙げていくと
前年度掲示板で引っかかったウオッカ
タイムで引っかかったのがリトルアマポーラとレジネッタ
年齢で引っかかったジョリーダンス

ウオッカとリトルアマポーラは、人気に資格で挙げているのでこちらでは、
割愛したいと思いますが。
ジョリーダンスは、今回が3回目のヴィクトリアマイル今年の阪神牝馬Sを
06’同様に制しての出走だが8歳の上年々着順を下げているところで
割り引きたいと思います。
で浮上してきたのがレジネッタです。
タイムが1.34.3とリトルアマポーラと同じなのだがこちらが良いと思われるのが
リトルアマポーラがマイナス要素を含んだエリザベス女王杯馬に対して
桜花賞馬ということだ。
過去桜花賞4着以内に入った馬がこのレースに強いということなのである。
【着順は、桜花賞⇒ヴィクトリアM】
■ダンスインザムード1着⇒1着
■エアメサイア4着⇒2着
■コイウタ3着⇒1着
■アサヒライジング4着⇒2着
■デアリングハート3着⇒3着
■ウオッカ2着⇒2着
◇桜花賞好走で敗れたのは、ラインクラフト1着⇒9着の1頭だけ。
今年の桜花賞好走組は、ウオッカとレジネッタの2頭。

穴の資格からは、ザレマとレジネッタを挙げておきたいと思います。

今回は、ここまで
尚これは、白独自の見解なのでご参考程度でお願いします。m(_ _mm(。。m
次回は、オークスです。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://haku0710.blog36.fc2.com/tb.php/124-0ff6b002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。