このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■人気の死角穴の資格【エリザベス女王杯編】■
■枠順確定しました。
エリ女枠
■でわ人気の死角から


◆まず1番人気であろうブエナビスタからですが死角らしい死角が見当たらないのだが
このレース1番人気で勝ったことのある馬は、4頭(うち1頭は、12着降着)
1番人気で負けた馬は、9頭
97’ダンスパートナーは、96’覇者。3番人気エリモシックに敗れ2着。
98’エアグルーヴは、主戦乗り替わりで外から差してくるも3着に敗れた。
99’ファレノプシスは、6着。前年度覇者メジロドーベルの2冠となった。
00’フサイチエアデールは、引退レースとなったファレノプシスに敗れ2着。
01’テイエムオーシャンは、同年の2冠馬だが前年度4着だったトゥザヴィクトリー敗れ5着
03’スティルインラブは、同年3冠馬だがその3冠全て1番人気で負け続けたアドマイヤグルーヴに敗れ2着。
04’スイープトウショウは、追込み届かず5着に敗れ前年度覇者アドマイヤグルーヴが連覇達成。
05’エアメサイアは、秋華賞を制し出走するも前年1番人気のスイープトウショウに敗れ5着。
06’カワカミプリンセスは、無敗で秋華賞を制し勝利したのだが審議により12着降着。
08’カワカミプリンセスは、例外中の例外リトルアマポーラに敗れ2着。
ここから見えるのが3歳馬の1番人気で敗れたのがテイエムオーシャン・スティルインラブ・スイープトウショウ
エアメサイア・カワカミプリンセスと半数を締めている。しかも4頭が複勝圏外と秋華賞からのG1連戦は、
さすがに厳しいのか・・・。ちなみに3歳でエリザベス女王杯を制した馬も5頭でここ3年は、
全て3歳馬の勝利は、後押しできるのかも。。その3頭は、オークスで1・2番人気か連対してる。
絶対の信頼とまでは、いかないまでも信頼するにうる対象とはいえよう。


◆ブロードストリートだが3歳馬のワンツーは、03’のみで秋華賞2着から来たのは、
ローズバドとアドマイヤグルーヴの2頭のみいずれもローズ連対→秋華賞連対で同馬もクリアしてるので
問題は、なさそうブエナビスタがもしこけるならこっちを本命視しても面白いかも。
ただし指数上今年の秋華賞があまりハイレベルでは、ないことが上位2頭には、マイナス材料と
なるかも。



■そして穴の資格ですが


◆ピエナビーナス
春までは、全くパッとしなかった馬が夏の休み明けで一変
クイーンSを11人気で勝利し府中牝馬Sでは、直線だけで4着と好走。
このパターンが古馬路線では、以外とある。
京都コースに実績がなく軽視されそうだが1発あるならこの馬だろう。


◆ムードインディゴ
こちらは、ピエナビーナスと着順が真逆なだけで面白い存在。
さらに昨年のエリザベス女王杯では、6着と1度経験しての前走重賞連対は、
好走条件にぴったりあてはまる。
こちらは、ピエナビーナスよりは、全然人気だろうが穴としては、狙いたい1頭だ。




以上ですが上記は、あくまで白独自の見解ですのでご参考程度にお願いしますm(_ _mm(。。m


以上!!!







スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://haku0710.blog36.fc2.com/tb.php/159-073d2f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。