このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


■人気の死角穴の資格【有馬記念編】■
◆でわ過去のデータを元にあれやこれやとやってきたいと思います。

【1】引退レースを3着以内で飾った馬(5-2-4)22年で11頭(被り年なし)半分が引退レースを3着以内で飾っています。
  意外と多いんですねぇ。今年は、マツリダゴッホといったいいつ引退するんだテイエムプリキュア???
  ただ牝馬の引退レースは、来たことないので着目すべきはマツリダゴッホ1頭だろう。

【2】牝馬は、94’ヒシアマゾン3歳2着/97’エアグルーヴ4歳3着/01’トゥザヴィクトリー5歳3着/
   07’08’ダイワスカレーット3・4歳2着1着と4頭5回少ないですねぇ。
   しかも3歳では、ヒシアマゾン・ダイワスカーレットと共に古馬牝馬G1と牡馬相手に連対100%の実績。
   02’でファインモーションが6連勝という実績で1番人気でこのレース敗れてる。
   今年は、ブエナビスタが挑戦するが連対100%を切り1番人気になったら・・・。

【3】2年連続複勝圏に入ったのは10頭で9頭が2回目までにGⅠ勝利を飾ってた。
   例外は、3年連続3着のナイスネイチャ1頭だが同馬もマイルCS3着の実績を付けてのものだった。
   今年は、前年3着のエアシェイディ1頭だが同馬は、JC5着が最高着順はたして・・・。

【4】年をまたいでの3着以内は、オグリキャップ・タップダンスシチー・リンカーンの3頭のみ。
   勝ったことがあるのは、オグリキャップの1頭だけ他2頭は、2回来ても1着は、なかった。
   1昨年の覇者マツリダゴッホは、???

【5】66頭中馬齢3歳が【7-8-6】4歳が【9-7-5】5歳が【4-4-8】6歳【2-1-1】7歳【0-2-2】8歳以上【0-0-0】
   今年は、3歳7頭・4歳ゼロ・5歳1頭・6歳5頭・7歳1頭・8歳2頭。
   6年連続勝利の勝ち頭4歳が今年は、不出走、やはり次点で7頭も出てきた3歳が優勢?
   政権交代は、あるか?はたまたカンパニーのような古豪がまた活躍するのか?

【6】人気別では、1番人気【8-5-1】2番人気【2-4-2】3番人気【1-3-4】4番人気【6-1-3】
   5番人気【0-3-1】6番人気【1-2-3】7・8番人気が1回・9番人気が2回
  10番人気以下が【3-3-6】4番人気は、ラッキー人気?10番人気で勝ったのは、3頭だが92’以降は、勝ちは、無し。
   1番人気で勝つことのできる馬は、歴代でも上位に君臨できるG1ホース。
  今年の1番人気は、歴史に名をのこすことのできる1頭か?
   前々日オッズ1番人気イコピコって・・・。ラッキー人気は、セイウンワンダーかい・・・。
   まっ変わるでしょう。。菊花賞1~4着が上位人気を占めてるなぁ。

【7】コース実績は、あまり必要ないが無いよりある方が有利なのはあたりまえ。
   今年の中山実績馬は、8勝のマツリダゴッホ・2戦2勝のアンライバルド・複勝率100%フォゲッタブル
   ドリームジャーニーエアシェイディも複勝率60%オーバーです。

【8】完全乗り替わりで来たのは7人で勝利したのは、オグリキャップの2回だけ。
   テン乗りで勝つのは厳しいか。
   今年の乗り替わりは、アンライバルド・ブエナビスタ・マイネルキッツ・イコピコ・セイウンワンダー・フォゲッタブル
   6頭が完全乗り替わり。

【9】中山芝2200m経験+好成績は、絶好の狙い目。。66頭中18頭が該当。
   これに菊花賞・宝塚記念・マイルCSの実績が加わると鬼に金棒。。
   今年は、ネヴァブション⇒AJCC1着・07’オールカマー6着・他06’4着6着+菊花賞10着。
   マイネルキッツ⇒AJCC4着・08’オールカマー4着・他06’5着+宝塚記念7着。
   コスモバルク⇒06’オールカマー2着・04’セントライト記念1着+菊花賞4着・宝塚記念05’12着06’8着07’11着09’13着。
   エアシェイディ⇒AJCC2着・08’オールカマー5着・AJCC1着06’オールカマー5着・05’AJCC2着・
   04’セントライト記念6着+宝塚記念08’7着。
   マツリダゴッホ⇒オールカマー1着・08’オールカマー1着・07’オールカマー1着・07’AJCC1着+αなし。
   ドリームジャーニー⇒オールカマー2着・AJCC8着+菊花賞5着・宝塚記念1着。
   シャドウゲイト⇒08’オールカマー8着+宝塚記念14着。
   フォゲッタブル⇒セントライト記念3着+菊花賞2着。
   と今年の中山2200m経験馬は、7頭で・す・が・・・基本複勝圏内が重要で+今年のG1好走が
   必要なのでここで推せるのは、ドリームジャーニーフォゲッタブルエアシェイディの3頭まで。

【10】全芝・芝2000m・2200m~2400m・2500m・2600m以上この5項目中1つ以上連対率50%が必要
   66頭中64頭が該当。
   ※例外は、87’ハシケンエルドと92’メジロパーマーの2頭のみだがこの2頭は、
   2200m~2400mで複勝率50%があった。
   今年クリアできなかったのは、テイエムプリキュア・シャドウゲイト・セイウンワンダー3頭。
   エアシェイディは、2000mで複勝率50%でギリギリセーフ???

【11】客質で目立つのは、差しだが4コーナーで7番手以上に上がってこれる早い仕掛けができ
   ラストの直線でスタミナを残せる馬を探そう。
   今年それができそうなのは、ドリームジャーニーフォゲッタブルの2頭かなぁ。

【12】22回中15回が前走・前々走で同じレースだった馬が2頭以上からんでる。
   天皇賞秋・JCが主だが菊花賞やAR共和国杯なんかもあるのでどのレースのレベルが
   高かったのかを見極めるのも必要だ。
   まず菊花賞だが今年の勝ちタイムが3.03.5と好タイムなのだが必ずしも早ければレベルが高い
   わけではない。現に06’3.02.7で決まった年の2着ドリームパスポートが4着・4着メイショウサムソン5着。
   98’3.03.2で決まった年の1着セイウンスカイは、4着・3着エモシオン11着・5着キングヘイロー6着と敗れている。
   逆に3.04台で決着してる93’ビワハヤヒデ2着94’ナリタブライアン1着95’マヤノトップガン1着05’ディープインパクト
   と早すぎず遅すぎずの菊花賞が有馬を制してる。
   今年は、菊花賞組1着~5着と15着の6頭が出走。
   次に天皇賞秋組ですがこちらは、タイムが早い方が有馬で実績を残してる57秒~58秒台ならクリア
   今年は、57.2で08’と同じ、その年は1着~3着までが天皇賞秋に出走していた。
   今年の天皇賞組は、6着ドリームジャーニー・8着エアシェイディ・13着ネヴァブション・14着コスモバルク・17着マツリダゴッホ   の5頭が出走。
   最後にJC組だがJCも天皇賞秋も出ているというのが理想でJCだけ出走で2頭以上の決まった
   レースは、少ない。今年秋天⇒JCは、3頭でJCだけ出走がマイネルキッツ1頭。
   マツリダゴッホドリームジャーニーは、天皇賞秋だけ。
   今年は、天皇賞秋組が注目かな。。

【13】天皇賞秋組は、着順不問で特に人気で大敗した馬は、絶好の狙い目。
   要は、府中の2000mがダメってだけの馬を探してみると意外な穴が浮上するかも。。
   ※ 今年の天皇賞秋組は、データ12参照

以上!!いよいよ明日は、予想です。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://haku0710.blog36.fc2.com/tb.php/186-6379343a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY