このブログは、私こと白<ハク>が個人的な趣味を いろんな視点で書込みしてるブログです。主な項目【競馬】【スポーツ】【マンガ・アニメ】【音楽】【競馬伝説Live】【グルメ】。。etc

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

FC2カウンター


プロフィール

白<ハク>

Author:白<ハク>
H.N:白<ハク>
生存先:中山競馬場
Btype:A


リンク

このブログをリンクに追加する


最新記事


最新コメント


カテゴリ


最新トラックバック


検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


月別アーカイブ


ブロとも一覧


☆朝日杯FS予想☆
■予想の前にちと傾向と対策

まずベースは、過去10年でこのレースが堅いというところから、
エリザベス女王杯が堅いレースといい結果は、4人気⇒1人気⇒2番人気
3番人気のポルトフィーノがスタート直後落馬するという衝撃が走って
気がつきがちですがやっぱ今年も堅かったのは、事実。
でわ朝日杯ですが過去10年1番人気の成績から、(1998~2007)

1・2・2・1・2・2・3・3・3・5と勝率20%連対率60%複勝率90%と
複勝圏ならとてつもない記録を残している。唯一複勝圏を外したのが
昨年のスズジュピタ新馬⇒ダリア賞を連勝して東スポ杯を2着しての
1番人気でしたが5着と敗れておりこのときの2番人気アポロドルチェも
京王杯を制するも11着と大敗。。

その時勝ったのが東スポ杯1番人気で4着に敗れたゴスホークケン。
2着に京王杯3着に逃げ粘ったレッツゴーキリシマ3着にデイリー杯2歳Sを
制したキャプテントゥーレ(2008皐月賞馬)でこの結果だけで馬連平均配当
4000円弱というのを引き上げている。


今年は、東スポ杯を制したナカヤマフェスタが不出走で1番人気で2着だった
ブレイクランアウトが現時点1番人気。
また2004~2006まで1番人気が3着に敗れているのだが勝利してるのが
全て2番人気というのも面白いデータだ。
2番人気は、現時点で絶好枠引いたミッキーパンプキンだ。


で間に割り込んできてるのが3人気・5人気・7人気となっている。
この辺で気になるのがセイウンワンダー・シェーンヴァルト・エイシンタイガー
フィフスペトル・ホッコータキオンの5頭。


なので1・2番人気がどっちも連対しなかったのは、2007だけ。


ブレイクランアウト・ミッキーパンプキンは、どちらかもしくは、両方連対???


新馬勝ちで連対したのは、10頭と半分だが前走連対が16頭
04’マイネルレコルト前走1番人気5着・06’ドリームジャーニーが2番人気3着
07’レッツゴーキリシマにしても4番人気だった。前走掲示板外の人気薄は、
連対からは、外してもOKだと思うが競馬は、何が起こるか分かんないからね~。

<前走連対外した人気薄馬2008>
トウカイフィット8人気・トップオブピーコイ12人気・ブラストクロノス・6人気とこの3頭は、圏外?


また3連複の始まった02’以降3着馬は、人気薄だろうがなんだろうが前走
連対必須。

3着固定不可馬<トウカイフィット・ツルマルジャパン・トップオブピーコイ・ピースピース・ブラストクロノス>
の5頭。

10年間で1600m未経験で連対は、1頭のみで経験馬15頭が1600m勝鞍あり。

<1600m以上未経験馬及び連対経験なし馬2008>

トウカイフィット・トレノパズル・オメガユリシス・エイシンタイガー・トップオブピーコイ・フィフスペトル
ゲットフルマークス・ピースピース・ケンブリッジエルと9頭もいるよ~ヾ((゜д゜)))ノシ

また消えてない馬で気になるのがセイウンワンダーだ過去3ヶ月半休んで連対した馬は、
ゼロでローカル路線で人気しょって負けたのが昨年のスズジュピタとかぶるところ
新馬でツルマルジャパンに負けてるところや新潟2歳Sがド不良馬場の大外ブン回して
差しきってるのは、強そうに見えるがタイムが遅いのは、当たり前だがこの手の
展開が全く中山向きでないところが特に気になるとことだが内枠引いての岩田騎手
の手腕が鍵だろう。

この時点で連対候補から消えるのが

4・6・7・8・9・10・11・12・13・14・16+αで3の12頭。


残ったのが
1:ミッキーパンプキン:2番人気
2:シェーンヴァルト:4番人気
5:ブレイクランアウト:1番人気
15:ホッコータキオン:6番人気
以上の4頭。
馬番10番以上の馬で連対したのがわずか3頭勝利したのは、01’のフサイチリシャールの
2番人気1頭と考えると1着に据えるのは、厳しいか。

というわけで予想ですが


◎ミッキーパンプキン
○シェーンバルト
▲ホッコータキオン
△ブレイクランアウト
△ゲットフルマークス
△トレノパズル

やはり逃げ先行で1800m連勝中そしてペリエ騎乗と死角の見えないミッキーパンプキン
が本命。対抗は、デイリー杯レコードで1600m以上連対100%シェーンヴァルト。
単穴には、前走も外枠ながら逃げてレコードタイのホッコータキオン(中山マイルは、タキオン産駒
の相性もよい)
ブレイクランアウトは、先日のブエナビスタほどの大物感を感じないとことやはり武豊騎手の
骨折明けしかもぶっつけ本番、追込みとマイナス要素が多すぎるので△まで。
消去したなかから前走府中を逃げ粘り重賞制覇したゲットフルマークスと未知のトレノパズル
に期待して人気薄からこの2頭に△をつけたいと思います。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://haku0710.blog36.fc2.com/tb.php/80-bba1223f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY